So-net無料ブログ作成
アレクサンドラ・ベネディクト ブログトップ

意地悪なキス [アレクサンドラ・ベネディクト]

SHALOCKMEMO584
意地悪なキス Too Scandalous to Wed 2007」
アレクサンドラ・ベネディクト 桐谷知未





 「情熱のさざめき」のスピンオフ作品で,先の作品にもヒロイン,ミラベルの親友として登場したヘンリエッタ・アシュビーが本作のヒロインです。ミラベルとヘンリエッタの邂逅場面は前作にも描かれていますが,本作でも前作と全く同じ,しかし前後の流れはヘンリエッタの側から描かれているため,デジャヴュのようには感じられず,同じ文章も懐かしさを覚えるように感じるのは,とても面白く感じます。
 さて,本作のヒロイン,ヘンリエッタは,8年も前から一人の男性,姉の夫であるピーターの長兄セバスチャン・ガルブレイスに憧れと恋心を抱き,なんとかセバスチャン(通称セブ)を振り向かせようと苦心惨澹していました。しかし,15歳も年の離れたセブはヘンリエッタを妹として保護しようとはしますが,それ以上の感情はもてないでいます。ところで,5人姉妹の末っ子であるヘンリエッタは,息子の誕生を願っていた父親から男の子として扱われ,愛称もエッタではなく,ヘンリーと呼ばれていたのです。前作で,ミラベル(ベル)がヘンリーと呼ぶのを聞いたダミアンがベルの愛人ではないかと勘違いしたのもうなずけます。しかし,20歳を迎えたヘンリエッタは女性らしいふっくらしたプロポーションと美貌を持ったれっきとした女性に成長していましたので,我が息子よ,ヘンリーよと呼ぶ父親の言葉には,母親も上の4人の姉妹とその連れあいたちにも慣れ親しんだ呼び名だったようです。
 なかなか自分を一人前の女性として見てくれないセバスチャンを,なんとしても振り向かせたいヘンリエッタは,ある引退した高級娼婦マダム・ジャクリーンのもとを訪れ,恋愛の手練手管を教わります。既読のエマ・ワイルズの作品「禁じられた「恋の指南書」」で登場する指南書よりも,さらに具体的な画集と作者本人からの恋のノウハウをもとに,積極的にアタックをかけるヘンリエッタですが,4人の姉たちも,母親も,セバスチャンは「放蕩者」だからあきらめるように口をそろえて言うのでした。さしずめ今なら不良息子と付き合うなということになるのでしょう。ヘンリエッタを応援するのは姉の夫でありセバスチャンの弟でもあるピーターでした。ここでこの姻族関係を考えてみると,ピーターはヘンリエッタの姉の夫ですから,義兄ということになります,セバスチャンはピーターの実兄ですから,ヘンリエッタからしてもすでに義兄ということになります。そのセバスチャンとヘンリエッタが結婚すればヘンリエッタはピーターの義理の姉ということになってしまい,しかもセバスチャンからしてみれば実弟のピーターが義理の兄になってしまうという,なんかぐちゃぐちゃな関係になってしまうのです。
 ともあれ,あるスキャンダルがもとで,セバスチャンはヘンリエッタに結婚を申し込まざるを得ない立場になってしまいます。しかし特別なクラブでセバスチャンが及んでいた行為を目撃してしまったヘンリエッタは,セバスチャンの本性が「放蕩者」であり,その本性は生涯変わらないという思いから,結婚しても指一本触れさせない,という強い決意を抱くことになってしまうという皮肉な関係になってしまいます。それまでセバスチャンを積極的に追いかけてきたヘンリエッタが避けるようになってしまった原因が初めはセバスチャンにはわかりませんでした。しかし,改めて結婚相手としてヘンリエッタを見直してみたセバスチャンは,これまで築かなかったヘンリエッタの魅力に,そして本気で愛するようになった自分に気づきますが,一方で自分が放蕩者であり,放蕩者は一生放蕩者だと自分を避けるヘンリエッタになんとか自分を愛する気持ちをとりもどしてもらうためにいろいろと手を打つのですが・・・。
 敵役として,二人の結婚を結果として世間に認めさせてしまったエマソン卿という間抜けな貴族が登場しますが,普通は小心者の貴族の子弟というのは,当時はイギリス中どこにでもいたのでしょうね。敵役としては少々もの足りませんが,ヒーロー・ヒロインの関係を結果的に後押しする存在としては,ストーリー展開上必要な,狂言回しの役割を果たしているわけで,ここにも作者の作家としての手腕が示されていると思います。


情熱のさざめき [アレクサンドラ・ベネディクト]

SHALOCKMEMO583
情熱のさざめき Too Great a Temptation 2006」
アレクサンドラ・ベネディクト 桐谷知未





 運命のすれ違いにより互いに憎みあわなければならなくなった恋する二人という悲恋物語を,弟の敵を討つため放蕩貴族から海賊探求の船乗りへと転身するヒーローと,男兄弟を見返すため海賊船に乗り込む絶世の美女のヒロインとが織りなす壮大な海洋冒険小説。
 ウェンベリー公爵ダミアン・ウェストモアは,自分を放蕩から救うために新婚旅行から急いで帰郷しようとした弟夫婦が,旅の途中で海賊船に襲われて海の藻屑と消えたという知らせを聞き,その復讐を果たすため船を仕立てて船長として海賊ブラックホークを探す旅に出ます。途中,ニューヨークでけんかに巻き込まれ投獄されますが,ひょんなことから助けた少年とともに,少年の兄弟の所有する商船「麗しのメグ号」に航海士として乗り組みます。そして,そこで少年の姉であるミラベルと運命的な出会いをするのです。仇討のため海賊を探すという自分の目的をひた隠すダミアン。そして乗り込んだ船が実は海賊船であるということをひた隠しにするミラベルの兄弟たち。互いに惹かれるものを感じながらも互いに秘密を持つ二人は,反発しあいながらも次第に船の中で互いを意識しあうようになります。
 ロンドンに戻ったミラベルは,友人のヘンリエッタ・アシュビーの家でパーティに参加しますが,このときの二人の会話はスピンオフ作品「意地悪なキス」で再びヘンリエッタの側から登場します。そして,そこでミラベルはダミアンに似た謎の男に声を掛けられますが,この謎の男が終末で重要な役割を果たします。
 ともあれ,互いの気持ちに気付いた二人は,秘密を持ち続けたまま情熱の渦に巻き込まれてしまいますが,このあたりのロマンスの描き方,運命的な出会いとその進展の描き方は,秀逸のものがあります。そして,秘密を持ち続けたままの二人が互いの心の奥底にある,他人には告げられない秘密を少しずつ明らかにしていき,ついには・・・。
 しかし物語はここで終わりではなく,これまで伏線的に語られてきたいくつかのプロットと謎が少しずつ明かされていくところは,ミステリー的,冒険小説的要素たっぷりで,まさに作者の腕の見せ所です。
 さまざまな要素が溶け合い,しかもロマンス風味もたっぷりな本書は,まさにお薦めの1冊です。


アレクサンドラ・ベネディクト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。