So-net無料ブログ作成
カレン・ホーキンス ブログトップ

さらわれた花婿 [カレン・ホーキンス]

SHALOCKMEMO489
さらわれた花婿 How to Abduction a Highland Lord 2007」
カレン・ホーキンス 伊勢由比子





「リーヴスにおまかせ」シリーズで2巻でているカレン・ホーキンスの新シリーズ「マクリーン一族の呪い」の訳書の第1巻です。
ホワイト・ウィッチ(善き魔女)の一族マクリーン家の娘フィオナが敵対するキンケイド家の放蕩者ジャック・キンケイドの泥酔のすきを狙って無理やり司祭の下に連れて行き,妊娠していると偽って結婚式を挙げてしまう場面から物語が始まります。怒りが天候を左右し,天・嵐・稲妻を呼び寄せてしまう呪われたマクリーン一族。末の弟のカラムが殺されてしまい,それに伴って両家が殺しあうのを防ぐために,というスコットランドの気の強さの風土が物語の背景にはあるようです。
このシリーズ(今のところ5巻目が予定されているようです)の原書では,青や赤の引きずるように裾の長いドレスをまとった女性が横や後ろを向いて歩いたり座ったりする様子が描かれ,訳書のように顔を見せてはいませんが,いずれも脚線美を惜しげもなく見せている点が共通しており,とびきりの美女であることを暗に示しています。いわくありげなこれらの表紙絵は,謎めいた能力をもつマクリーン家を象徴しているようです。
さて,本書の魅力は,なんといってもヒロインとヒーローが互いに相手のことを想っていくようになる,心の変化にあるのではないでしょうか。そして,敵役やヒロインを貶めようとする意外な人物が,終盤で,人間は物質や金では動かない,本当の愛を知らない思い上がった心情が,いかに相手を傷つけるかに最後まで気づかないその対比にあると思います。そして,表面的にはどうしようもないと思われている敵対する二つの家族が,ヒーローとヒロインの暖かく互いに思いやる姿を目にすることによって,共通の敵役をとっちめていくストーリーと,ユーモラスな言動にあるのではないでしょうか。
呪い,魔女など暗くなりがちなテーマをいかにもさわやかに描いていく,カレン・ホーキンスの筆力とストーリーテリングぶりに拍手です。


黒衣をまとった子爵 [カレン・ホーキンス]

SHALOCKMEMO458
黒衣をまとった子爵 Her Officer and Gentleman 2006」
カレン・ホーキンス 戸田早紀





カレン・ホーキンスの「リーヴスにおまかせ」シリーズの第2弾。前作の「海から来た伯爵」(未読)と本書は,貴族の双子の兄弟,トリスタンとクリスチャンが,父親と不可解な母の死により爵位を継ぎ,社交界でも生き残っていくために,理想的な執事リーヴスが影になり,兄弟二人がそれぞれにふさわしい奥方を娶るまでを差配していくというお話です。ですから本当の主人公はリーヴスという執事だというとても変わった設定になっています。物語の各章の冒頭に抜粋されているリチャード・ロバート・リーヴス著「正しい執事であるための完全なる手引き」が,本書の最後でリーヴスが本にしたいと述べているものの抜粋という形をとっていますが,執事という職業の特徴とともに,どのような職業であっても宮仕えする者にとっての必要な知恵や技術が詳述されていて,それはそれで面白いノウハウ本になるという,一読で二度おいしい作品ともいえるでしょう。
本書は,前作のヒーロー,トリスタンの弟のクリスチャンが,生きるために追いはぎに身をやつしながらも努力して財産を手にし,兎角の噂に負けずに上流階級で一目置かれ,監獄で亡くなった母の復讐を果たそうとしますが,復讐の相手だと考えていたマシンゲール公爵の孫娘エリザベスに出会った時,その美しさと純真さ,頭のよさに次第に惹かれていき,ついには恋に落ちるというラヴストーリーと,母を陥れた本当の敵は果たしてだれかというサスペンスとが縦軸になり,クリスチャンのビルドゥングスを助けるために,執事のリーヴスが知恵と技術の粋を集め,クリスチャンにふさわしい相手としてエリザベスとの結婚を決断させようとするというサイドストーリーを横軸にして物語を進行させ,見事な作品に仕上がっているお薦めの一冊です。


カレン・ホーキンス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。