So-net無料ブログ作成
アン・グレイシー ブログトップ

眠れる相続人に口づけを [アン・グレイシー]

SHALOCKMEMO672
眠れる相続人に口づけを The Accidental Wedding 2010」
アン・グレイシー 細田利江子





 アン・グレイシーの「悪魔の乗り手(Devil Rider)」シリーズの第4弾です。これまでの3冊はフローラブックス(ぶんか社)から出ていましたが休刊してしまったため,ラズベリーブックスからの刊行となったようです。これまで,第1弾から第3弾を読んだ限りでは,4人の「ライダー」たちとそれぞれの家族の関係,また,それぞれのロマンスの相手にほとんど関連性がないので,シリーズとはいえ,それぞれが独立して楽しめるものとなっています。
本作のヒーロー,ナッシュ・レンフルーは外交官。領地へ赴く途中に馬が足を滑らせて倒れたときに頭を打ち,記憶をしばらくなくしたこと,倒れたナッシュを自分の家に運び込み懸命に介護したヒロインのマデリン(マディ)が,ナッシュを一目で愛してしまったこと,やがて記憶を取り戻したナッシュがそのことを隠して裕福でないマディの一家に援助を申し出たのに対して,誇り高い彼女がナッシュの申し出を断ることなどがストーリーの中心を占めています。マディの腹違いの弟妹たちがそれぞれのキャラクターを発揮するのが,通常のヒストリカル・ロマンスで登場する執事や家族とはちょっと違ったキャラクターとして登場してきますが,最年少のルーシーの愛らしさなどは本作に新たな魅力を与えています。
 本作の決めの台詞を一言あげるとすれば,終末で語られるマディとレディ・ゴスフォースの会話の応酬,「ナッシュを大切にします」「ばかおっしゃい。あなたを大切にするのがナッシュの役目なのよ」に尽きると言えます。
 ところで,邦訳の表紙のヒロインはかなり若い感じがしますが,ペーパーバックの表紙のヒロインはウェディングドレスであるせいか,大人っぽい感じがします。こちらの方が,ヒロインの雰囲気ですね。


まだ見ぬあなたは海を越えて [アン・グレイシー]

SHALOCKMEMO590
まだ見ぬあなたは海を越えて To Catch a Bride 2009」
アン・グレイシー 杉浦よしこ





「麗しのプリンセスとくちづけを」「琥珀色の夢をあなたと」に続く,デビル・ライダー・シリーズの第3弾。「琥珀色の・・・」の読後感で,このシリーズはヒーローの側から書かれている云々と書きましたが,本作は完全にヒロイン側から書かれていると言ってよいでしょう。というより,ヒロインのキャラクターがものすごく強烈であると言った方がいいでしょうか。
 大団円で,デビル・ライダーたちがほぼ勢ぞろいしますが,それはほんの登場だけで,ストーリーには絡んできません。これもシリーズとしては珍しいことのように思われます。それよりも,ヒロインの強烈なキャラクターと舞台がエジプトからイングランドへの旅の途中の船の中となれば,なかなか絡みづらい面もあるためでしょう。どちらかと言えば,シリーズ中の番外編とでも位置づけられるかもしれません。
 さて,その強烈なキャラクターのヒロインとは,アイシャ。ネタばれになるためあえて,名字は触れずに置きます。父はインドからエジプトにわたったイギリス人。アイシャはエジプトで盗賊に襲われた一家の生き残り。母のベッドの下に隠れて難を逃れました。母を殺した男の足は裸足で,爪が汚い所だけ記憶に残っています。エジプトを離れ,ヒーローとともにイギリスにわたることになる原因を作った男です。両親の死のあと,路上生活を余儀なくされ,その後,ライラというエジプト女性に救われ,ライラの作るパンを焼く燃料になるものを集めて近くの家に寝泊まりしています。おかげで,ものを盗むことなく,いわば働いてパンを貰うという生活ができるようになっていました。コーヒー占いもするライラという愛情深い女性は,アリという男の子も同じように世話をし,アイシャの弟のような存在になっています。そして,生きていくためにアイシャは男の子の格好をして生活しているのでした。
 一方ヒーローは,デビル・ライダーの一人レイフ・ラムジー。元軍人でこよなく馬を愛していますが,舞台がエジプトでロバが中心なのですが,そこでもさっそうとした騎馬姿で登場します。伯爵家の二男として軍人になったレイフですが,兄の伯爵夫妻に子供ができなかったという理由から,ある女性との婚約話を進められていますが,気が進まないレイフは偶然知り合った年配の女性が孫娘を探しているという話を受け,一枚の肖像画のみを頼りに,単身エジプトにやってきます。カイロの街をいろいろ探し回っているイギリス人がいるらしいといううわさを聞き,アイシャとアリはそのイギリス人の正体と目的を突き止めようと,そっと様子をうかがうのですが・・・。いつの間にかアリもアイシャもそのことに気付かれてしまい,アイシャはレイフを危険な男だと思い,身を隠そうとします。男装の娘アイシャを探すレイフは,カイロに土着したイギリス人バクスターに協力を求めますが,バクスターが善人か敵役かはこの時点でははっきりしません。しかし,エジプト女性ライラとの関係が,物語の展開に大きくかかわってきます。
 レイフによって女性であると気付かれ,イギリスの祖母が探していることを告げられたアイシャですが,せっかく気付いてきたアリやライラとの生活を捨てきれません。そして,自分の出生の秘密も抱え,イギリスにわたることに二の足を踏んでいたのですが,自分の両親を襲った男に正体を知られそうになったことから,アリやライラをバクスターに託して,レフトとともにイギリスにわたります。ほどなくレイフは高熱を出し,ペストではないかという疑いがかけられてしまいます。途中の陸地に捨てられようとしたレイフを命がけで救ったのはアイシャでした。そして同じ船室に10日以上も隔離されてしまいます。そんな時船は海賊船に襲われます。元軍人のレイフは病み上がりで力も出なかったにもかかわらず,甲板で海賊と戦うのですが,後ろから襲われそうになったとき命を救ったのはまたもやアイシャでした。アイシャもまた海賊にピストルを発砲し,舷側から上ろうとする海賊の手や頭を殴打し,勇敢にたたかいました。女性ながら勇敢に戦う姿に,船の人たちも力を合わせ,海賊を撃退します。このときのアイシャの活躍に,隔離から解かれた後に船に乗り合わせた人々から盛大な感謝の言葉が贈られます。
 イギリスに着いたレイフとアイシャはアイシャの祖母に会いに出かけますが,祖母はレイフのみと面会し,アイシャの出自に重大な秘密があると告げます。部屋の外で聞こえてくる話を耳にしたアイシャはそっと屋敷をでて,行方をくらましてしまいます。何としてもアイシャと結婚し,共に暮らしたいと思っていたレイフはアイシャを失ってみて,アイシャを愛していることに気付くのでした。レイフはアイシャを見つけられるのか。そして二人は結ばれるのか。
 大団円はとても見事に締めくくられています。ストーリーテラー,アン・グレイシーのそれは見事なヒストリカル・アドヴェンチャー・ロマンス。お薦めです。




琥珀色の夢をあなたと [アン・グレイシー]

SHALOCKMEMO509
琥珀色の夢をあなたと His Captive Lady 2008 (Devil Rider 2)」
アン・グレイシー 桐谷知未





「麗しのプリンセスとくちづけを」につづく,「悪魔の乗り手」シリーズ第2弾です。前作から続けて読むと,このシリーズでは,ヒロインよりももっぱらヒーローの側からのロマンスが巧みに描かれており,心理描写,コンプレックスを抱くようになった背景などが,細い糸が絡み合ってやがて太い糸になっていくように,すばらしいストーリーテリングの技が示されています。
今回のヒーローは前作のヒーローであるゲイブの腹違いの弟ハリー。ゲイブら4人と戦争で仲間意識を強く持ち,「悪魔の乗り手(デヴィル・ライダー)」と呼ばれる一人です。馬をこよなく愛し,競走馬を育てる夢を追って,友人のイーサン・ディレイニーとすばらしい馬屋を持つ屋敷を購入するためにハンプシャー州にやってきます。その屋敷の持ち主だったヘレン・フレイモア(愛称ネル)は,雨の中,荷馬車の荷台で帽子もかぶらず雨に打たれていたところで,偶然にハリーに遭遇します。二ヶ月前に出産し,父を亡くし,しかも赤ん坊を父が連れて行ってしまったという不幸な境遇に出会い,放心状態で屋敷に戻る途中でした。しかもその屋敷はすでに抵当に入っており,ネルが戻れる状況にはなかったのです。ハリーとイーサンはその屋敷を購入しようとしていたのでした。雨に打たれているネルの琥珀色の瞳を見て,ハリーはなぜか惹かれるものを感じます。これらの偶然が重なり,ヒーローとヒロインの糸が次第に絡んでいきます。
赤ん坊の父親の名前をネルは誰にも明かそうとしませんでした。住む家を失ったネルを,ハリーは結婚すれば,その問題は解決すると持ちかけ,赤ん坊をロンドン中を探しても必ず見つけると約束します。この赤ん坊捜索作戦は,本作の中心的なストーリーですが,ロンドン中の乳児院を回っても見つからず,一時は二人とも捜索をあきらめざるを得なくなります。しかし,赤ん坊の父親(ネルはかたくなにその名前を明かそうとしませんが)をついに見つけたハリーが,懲らしめようとしたときに登場してくる従卒が,かつて戦地でハリーたちの戦いぶりを知っていた男であり,赤ん坊トリーの居所に関わってくる,というしゃれた展開が準備されています。赤ん坊の父親は,敵役としては存在感のない,つまらない男ですが,敵役をそのような人物とすることによって,ハリーやイーサンの男らしさがかえって強調され,読者はますますヒーローに惹かれていくよう意図されているのは見事です。
敵役との対決があっけない分,作者が用意したのは,ハリーの友人で前作から引き続き登場するイーサンと,前作のヒロインの家庭教師を勤めていたティビーとの遠距離恋愛です。話は巧みながらも貴族の出自ではなく,読み書きが苦手だったイーサンが,ティビーに文字を教わり,何度も手紙を書き直し,切々とその思いを告白するイーサンの姿と,イーサンに愛情を感じながらも自分が36歳という適齢期をすっかり過ぎていることから,釣り合わないと考えているティビー。その関係は,ほのぼのとしていて,なんとか互いの気持ちを通じ合わせてやりたいという気持ちを読者に感じさせます。このサブ・ストーリーも本書の魅力です。
さらには,ハリーとネルの面倒を見,さらに家族と疎遠になっているハリーと兄たちの関係を修復しようとするレディ・モード,ネルの赤ん坊が発見された家の惨めな暮らしをしている赤ん坊たちを引き取って育てようとするバロウ夫妻など,愛情豊かな人々が脇を固め,愛することのすばらしさ,あたたかさをたっぷり描ききった作品です。
シリーズ3作目はまだ原作が発表されていないようですが,「悪魔の乗り手」たち4人のうち,誰が登場してくるかが楽しみです。


麗しのプリンセスとくちづけを [アン・グレイシー]

SHALOCKMEMO508
麗しのプリンセスとくちづけを The Stolen Princess 2008 (Devil Rider 1)」
アン・グレイシー 桐谷知未





イギリス生まれながら,大陸の小国ジンダリア公国の大公妃となったキャリーは一人息子ニコライを伴ってイギリスに逃げ帰ってきます。大公の死後,ニコライの命が狙われていることを確信したからでした。元の家庭教師ティビーを頼って入国しようとしましたが,密漁船はある海岸に密かに二人をおろして去ってしまいます。海岸から崖を登って道路にたどり着いたところに疾走してきた馬にあやうく蹴られそうになった親子を避けるため馬を跳躍させたのは退役軍人ゲイブでした。こんな冒険譚のような幕開けで始まる本作ですが,ヒロイン,キャリーとその息子の皇太子ニッキー,ヒーローのゲイブとその腹違いの弟ハリー,ゲイブに拾われる漁師の息子ジムなど,親や家族の愛情薄く育った人々が登場します。そこに,強力な仲間意識で互いに信頼を寄せ合うデヴィル・ライダー(悪魔の乗り手)と呼ばれる屈強な男たちの助けを受けながら,心を通わせ合い,信頼と成長を互いに見守り,凍った心を溶かしていくヒューマンなストーリーが展開されていきます。脇役を固めるバロウ夫妻,ゲイブとハリーを実質的に育てた大伯母や,社交界に絶大な力を持つ叔母など,不幸な少年時代を送ったにもかかわらず,暖かく,愛情深い心を持つ大人に成長させてくれた周囲の人々の姿がとても生き生きと描かれ,ストーリーにふくらみを持たせています。
反面,ジンダリア公国の伯爵アントンのように,自分の地位を固めるため甥の命を奪おうとする敵役が登場し,悪巧みをしますが,それから逃げずに立ち向かっていこうとするキャリーの心の成長も描かれ,読む者に勇気と生きる意欲を与えてくれます。
大団円でキャリーに向かって語られるゲイブのことば「君は僕の家であり,家族であり,目的であり,心なんだ」には,涙を禁じ得ない傑作です。


偽りの婚約者とくちづけを [アン・グレイシー]

SHALOCKMEMO433
偽りの婚約者とくちづけを The Perfect Rake 2005」(麗しのメリデュー姉妹1)(Merridew Sisters 1)
アン・グレイシー 桐谷 知未





ヒストリカル作品の名手,アン・グレイシーのロマンティック・ヒストリカル・サスペンス。ストーリーテラーとしてのアンの本領発揮の佳作。
不幸な身の上の5人姉妹のシリーズ。本作では長女プルーデンス(プルー)の物語を縦軸に,次女チャリティーのゴールインをも描いています。その他,三女,四女のホープとフェイスの双子ちゃん,そして,長女プルーと外見の似ている五女のおしゃまちゃん,グレースの5姉妹がヒロインとなるシリーズの第1作です。父母が不幸な死を遂げた後,預けられた祖父のディアラム男爵から身体的,精神的虐待を受け,それをのがれるため,祖父が怪我をしたことをきっかけに家を飛び出し,大叔父のサー・オズワルドのもとに身を寄せる姉妹。隠遁生活を送っていたディンスタブル公爵といとこのキャラディス卿ギデオンを長女プルーが取り違えてしまったたことから,皮肉なロマンスが生まれていき,許嫁のフィリップ・オッターベリーの翻身に気づいていくというジェットコースター・ストーリーが息をつかせぬスピードで語られていきます。
途中,放蕩者と自認するギデオンと,誠実で妹たちより外見で劣ると自分で思いこんでいたプルーの互いの気持ちを探りながらもスピード感あふれる会話と,オズワルド卿やギデオンの叔母レディ・オーガスタの底抜けに明るい性格,そして俗物でお金にしか興味のないフィリップの姓オッターベリーをみんながわざと言い間違えるところなど,ストーリー以外の細かな描写も楽しみながら読むことができます。
ぶんか社フローラブックスは,SHALOCKMEMOでは初登場ですが,すでに発売されている7冊はすべてすばらしい表紙と厚手の美しい製紙,頑丈な製本で,とても読みやすい作りになっており,今後も楽しみです。


氷の伯爵 [アン・グレイシー]

SHALOCKMEMO407
氷の伯爵 Tallie's Knight 2000」
アン・グレイシー 石川園枝





1803年,ヨークシャーとロンドン。
ヒロインはタレイア・ロビンソン,通称タリー。ヒーローはダレンヴィル伯爵マグナス・セント・クレア,氷の伯爵と呼ばれている。
タレイアという名前はあまり登場してこないが,タリーという愛称は,澄んだ響きがして良い名前だと思う。タリーはいつかは白い馬に乗った王子様が自分を迎えに来て花嫁にしてくれるという夢を最後まで捨てない,とても女の子らしい性格。
氷の伯爵の心を溶かしたタリーは,「私はきみの伯爵だ」というセリフを最後には伯爵から引き出す。
本作はハーレクイン・ヒストリカルが初出。(HS-169/03.10/\903/284p)


アン・グレイシー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。