So-net無料ブログ作成
シルヴィア・アンドルー ブログトップ

伯爵の華麗なる復讐 [シルヴィア・アンドルー]

SHALOCKMEMO524
伯爵の華麗なる復讐 Perdita 1991」
シルヴィア・アンドルー Sylvia Andrew 井上碧





シルヴィア・アンドルーの,これはデビュー作でしょうか。とにかく初期の作品のようです。
 舞台となった年代は正式には表記されていませんが,ナポレオン失脚後の王政復古のフランスノルマンジーが舞台の大半を占めています。イギリスとフランス両方に領地を持つ貴族で,アンボーン伯爵(これはイギリス側)であり,ベルロワ侯爵(これはフランス側)であるエドワード・ロバート・ジャスティン・ド・カーズヴィル・ロザーフィールド,通称エドワード(本書55ページ)は,従妹のリネット(エリアーヌ・ダルクール)を破滅させ,精神的に多大な打撃を与えたピアズ・カーストンに復讐するため,アフリカで見つけた海賊の一味と思われる美女を真珠と交換にパシャの元から連れ出します。一言も口を利かないため名前すら聞き出せないので,パーディタという名で呼ぶことにし,知り合いの医師の元で手当てを受けさせます。
 パーディタという名は,ディズニー映画「101匹ワンちゃん」に出てくる犬の名前でもありますが,19世紀初頭にウオルト・ディズニーがいるわけもなく,この名は,シェークスピアの「冬物語」に登場するシチリア王リオンディーヌとその妻ハーマイオニの娘,王女パーディタを指しているのは明らかです。遠くに捨てられていた娘ということで,パーディタと名づけたようです。
 エドワードは汚れて,貧しい服装をしてはいるものの,パーディタの中に品と知性を感じ取り,復讐をしようとする相手ピアズを誘惑する道具としてパーディタを選んだのでした。しかし,パーディタは周囲を警戒し,なかなか口を開こうとしません。また,上流階級の裕福な娘という役柄を果たさせるため,ピアノや言葉,礼儀作法などを教え込むためそれぞれの専門家を雇いますが,パーディタはわざとできない風を装い,一向に効果が上がりませんでした。しかし,近くの森に散歩に出かけたパーディタがであったエリアーヌが,心の傷を負った原因がピアズにあることを知ったパーディタは,かつて自分をアフリカに追いやることになった原因を作った相手とエリアーヌを傷つけた相手が同じであることに気づき,エドワードの計画に積極的に関わろうとします。
 ここからが本当の復讐劇の始まりなのですが,エドワードはいつの間にかパーディタを愛していることに気づき,計画を中止しようとします。しかし,この計画とは別にパーディタもひそかに復讐の計画を実行しようとしていたのでした。この間のエドワードとパーディタ(本当はフェリシアですが)の気持ちのすれ違い,そしてそれに関わってくるエドワードの母親やその妹でエリアーヌの母親,復讐を手助けするエドワードの旧友の妻など,それぞれの思惑が入り混じり,生き生きとしたストーリー展開となっています。
 復讐を果たした後も,パーディタはエドワードの求愛を受け入れず,かつての自分の領地の再建に懸命に努め,すっかり疲労しきっていきますが,そこにエドワードがどのように関わって二人がゴールインするのかで,もう一波乱ありますので,余韻を十分楽しめる作品に仕上がっています。


スキャンダラスな花嫁 [シルヴィア・アンドルー]

SHALOCKMEMO471
スキャンダラスな花嫁 Colonel Ancroft's Love 2003」
シルヴィア・アンドルー Sylvia Andrew 大谷真理子





原題は直訳すると「アンクロフト大佐の恋」となるでしょうか。実は,アンクロフトは,大佐からカヴァーデイル侯爵になっているのですが,ストーリー展開では,プロローグで,ワーテルローの戦いでは大佐になっており,3年後の1818年の第1章からは侯爵として登場します。ロンドンから領地に向かおうとしていたとき,財産管理の弁護士から,ある未亡人を領地の近くの場所まで送り届けてくれないかと頼まれます。未亡人ということからも年配の気難しい女性を想像していたのですが,その未亡人こそ,ジャマイカから帰ってきたばかりの大富豪の孫娘キャロラインだったのです。しかし,キャロラインは,ジャマイカから重要な遺品を親戚に届けることを亡くなった祖父から頼まれ,それを秘密にしながらの旅をしようとしていたのでした。旅の途中,なんどかキャロライン一行は怪しげな男から襲われたり,泥棒に入られたりしますが,盗賊に襲われたときにアンクロフトは重傷を負ってしまい,その看護をしたのはキャロラインでした。
この,ヒロイン,キャロラインはちょっと変わった女性です。当時のイギリス上流階級の夫人とは異なり,ジャマイカでは様々なうわさが流されていたらしく,貞淑で純粋な感じよりも,どちらかというと蓮っ葉な男を誘うような風貌と行動が見られ,ヒーローであるジョン・アンクロフトも,キャロラインの変装を説いた姿にその美貌に魅かれながらも,どこか信頼できないという感じを持ち続けます。しかしキャロラインは,ジョンの娘ハリエットと信頼関係を築いたり,領地経営に乗り気でないジョンと領民との間をうまく取り持ったりと,投げやりになっていたジョンに好ましい変化をもたらせるのでした。
ジョンの娘と従兄弟フィリップの妻ガブリエラの秘密とは,ジャマイカでキャロラインはどんな生活を送り,なぜ未亡人になったのか,互いに知られたくない過去を持ちながら,二人は互いの信頼をどのように築いていくのか,読者はそのプロットで物語は最後まで二人の間のわだかまりがいつ,どのように溶けるのかを期待しながら読み進んでいくことになります。
人はいつか他人に知られたくない秘密をもち,自分でそれを乗り越えないと,傷ついた自分から逃れられない。人生のそんな厳しさを物語にしていくと,こんなふうになるのでしょうか。
とても深い主題をもったヒストリカルの一作です。


  禁じられた初恋 [シルヴィア・アンドルー]

SHALOCKMEMO454
禁じられた初恋 Elenor 1994」
シルヴィア・アンドルー Sylvia Andrew 古沢絵里





これまで読んだシルヴィア・アンドルーの作品には原題が人名のみの短いタイトルがいくつかありました。「セラフィーナ Serafina」,【「幸せな誤解」のフランセスカ Francesca】などですが,この作品の原題「Elenor」は「エレノア」だと思ってヒロインがいつ登場してくるのかと思っていたら,ついに途中で「エレノア」ではなく「エリナー」と訳されていたのですね。それに気づいて,あわてて初めから読み返しました。
父も兄も領地のことをほったらかしで,領館の図書室には古くからの良質の図書が満載の地主階級の娘エリナーは,父が存命中の若いころから領民の話をよく聞き,一手に差配をしていた乙女でしたが,領地が見知らぬ人に売られたという衝撃的な話を聞きます。しかも売ったのは母親のアンシアだと聞いて,なぜ自分に相談してくれなかったのかとショックを受けます。さらに売った相手は叔母がかねてから極悪人として嫌っていたジョナス・ガスリーだと知ってさらに打ちのめされます。
ジョナスには,ロンドンの叔母のところに滞在中,叔母やレディ・アンスリーから,レディ・アンスリーの家族を破滅に追い込んだ相手としてその悪行の一部始終を打ち明けられたのでした。しかし,ジョナス本人と話をしてみても,本当にそのような極悪なまねをするような人には思えなかったエリナーですが,自分の所領を勝手に改善し,それまでエリナーが大切にしてきた父の蔵書を売り払ったり,栗の木を切り倒したりし始めたのです。しかも,ジョナスには彼なりの言い分があったものの,それをエリナーに理解できるように説明しようとはしませんでした。二人の間には何度も衝突が起こります。ジョナスを信じようとする気持と裏切られ絶対会うまいと決意することが何度も繰り返されます。
しかし,噂から得られたジョナスの極悪ぶりも,領地に対する改善も,実はジョナスの気持ちから出た優しさと紳士的な気持ちからでした。一方で領地で起こるジョナスやエリナーに対する不可解な事故の原因が次第に明らかになっていきます。それは,ジョナスに対する悪い噂と大きく関係するものでした。やがて,ジョナスの方が正しく,噂を流している方が自分勝手な人々であることがエリナーにも理解されていきます。最後には領主館の図書室に火がつけられ,裏の秘密の部屋に逃げ込んだ二人が救出されると同時に,悪行の報いを受けた実業家が遺体で発見され,ハッピーエンドとなります。
表紙のブロンド,小顔,愛らしいヒロインのイメージと作中のエリナーのイメージが若干食い違いがありますが,読者にカタルシスをもたらす作者のストーリーテリングのうまさが,小気味よい佳作です。


気高き約束 [シルヴィア・アンドルー]

SHALOCKMEMO377
気高き約束 Lord Calthorpe's Promise 2002」
シルヴィア・アンドルー Sylvia Andrew 遠坂 恵子



1815年6月。ワーテルローの戦いの前夜。アダム・カルソープ卿は,トム・ペイン,アイボ・トレンチャードらとパーティーに出席後,翌朝早く,戦場へと向かった。トムは自分に万一のことがあったら妹の面倒を見て欲しいとアダムに頼む。
7月。トムの妹キャサリン・ペインの元に兄トムの戦死の方が寄せられる。しかもペイン家の叔父一家がトムの後に領地を差配することになるのだ。アダム卿からは,1通の手紙が来たものの兄の死にショックを受けていたキャサリンは,アダム卿の援助を断る手紙を出す。
ヘンリー・ペインはじめ叔父一家は屋敷に引っ越してくるやいなや早速一家そろってキャサリンいびりを始める。しかもキャサリンに信託遺産があると知るや,息子のウォルターとキャサリンを結婚させようと画策する。二進も三進もいかなくなったキャサリンは4ヶ月後にアダムに助けを求める手紙を出すが,これまで出していた手紙が叔父の企みで届いていなかったことを知らないアダムは初めから予断を持ってキャサリンを見るようになる。





ここから先はやっとヒロインとヒーローのそろい踏みとなるのだが,気が強く,際だった美貌を持つわけでもないヒロインという設定も珍しいが,「みにくいアヒルの子」として,アダムの母や元家庭教師に助けられながらキャサリンのロンドンでの社交界デビューは大成功を納める。二人の間を引き裂こうとするアダムの元カノやペイン家の馬鹿息子などが活躍し,ハラハラさせる。



エピローグは2年後。妊娠したキャサリンとアダムのしあわせな家庭をアイボが訪れる。シリーズ化するとすれば,次作のヒーローとなるだろう。

続きを読む


シルヴィア・アンドルー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。