So-net無料ブログ作成
エリザベス・ソーントン ブログトップ

夜明けの窓から口づけを [エリザベス・ソーントン]

SHALOCKMEMO492
夜明けの窓から口づけを Strangers at Dawn 1999」
エリザベス・ソーントン Elizabeth Thornton elizabeththornton.com 細田利江子





「宿の窓から飛び込んできたのは,魅惑的で危険な紳士」と惹起に書かれているように,本作は,ヒストリカルロマンスでありながら,サスペンス色の強い,いわばヒス・ロマ・サスとでもいうべき作品でした。原題も「夜明けの異邦人(直訳)」ですから,往年のハードボイルドの作風がしのばれるような魅力的な題になっています。その題に恥じないというべきか,ふさわしいというべきかわかりませんが,全編を通じて,ロマンス色,ヒストリカル色,サスペンス色,そしてミステリの醍醐味も感じさせてくれる,E・ソーントン渾身の作品に仕上がっていると思います。また,今月冒頭では2作つづけて訳者細田利江子さんの訳に当たりましたが,とくにあとがきでは,簡単な蘊蓄をさりげなく入れ,あとがきから読む人にとっても,魅力的な導入になっています。
ヒロインのサラ・カーステアズは,なんだか嫌味なお姉さんキャラ,ヒストリカルではよくいる家庭教師風なところがあり,あまり魅力は感じませんでしたが,中盤からヒーローのマックスとのロマンスのところでは,急に愛らしい,女性らしさと,奔放な女の姿が登場し,まさに表紙の写真にあるように,美しさと大人の感じと,そして凛とした鋭さみたいなものが入り混じった不思議なキャラクターでした。また,ヒーローのマックスウェル(マックス)・ワースは,周囲の人々には裕福な貴族の跡取りであることを気付かれないように極力称号を名乗らず,ジャーナリストとしての生き方に誇りを感じるさわやかな男性であり,真実のためには命も賭けるが,本当に愛する人のためには愛を優先するという,ちょっとカッコよさを前面に出した男性でした。
サラの妹や義弟たち,そして義母,幼馴染の弁護士など周囲の人々にかける思いは,ちょっと理解しがたい面もありますが,大団円ではほほえましさが漂ってくる素敵な関係だと思います。
マックスの両親はほとんど背景にいるだけで顔を見せません。この作品はシリーズ化されているわけではないようですが,ちょっと興味を引きそうな変わり種のようですから,どこかで登場させてほしい人たちです。
たくさんの登場人物がその性格がきちんと描き分けられており,作品の中で生き生きと動きまわる,なかなか素敵な1作でした。




恋の罠は夜にまぎれて [エリザベス・ソーントン]

SHALOCKMEMO486
恋の罠は夜にまぎれて The Pleasure Trap 2007」
エリザベス・ソーントン Elizabeth Thornton 細田利江子





今月,ソーントンの新訳がでる(「夜明けの窓から口づけを」RS-ソ-01-05)ということで,未読だった本書を手にとりましたが,これまで読んだ「恋の罠に落ちた伯爵」,「不名誉なキスは恋の罠」の「罠」シリーズ(Trap 三部作)とは,ちょっと変わった感じの作品でした。
このシリーズではちょっと他人とは違った能力をもつヒロインが登場することと,サスペンス色が強いことが特徴ですが,本作もヒーローである子爵のアッシュ・デニスンが新聞小説として投稿された記事の内容が他人には知りえない過去の秘密や事件がリアルに描かれており,誰がそれを書いたのか,と調査するうちに,何十年にもわたって殺人を繰り返してきた男にたどり着くというサスペンスのプロットと,その男の頭の中に入り込み,他人の目を通して夢の中で物事を見る能力をもつヒロインのイヴ・ディアリングとのロマンスという二つの線が溶け合った,複雑なヒストリカルロマンスになっています。
さらには,ヒーロー,ヒロインそれぞれの母や弟などの家族が事故に巻き込まれて亡くなっており,それが事故死か殺人かというミステリ仕立てと,それぞれの親との不和に起因する愛に対するためらいに結びつき,互いの気持ちを素直に表せないというねじれた感情が,読者をやきもきさせるというロマンス小説の王道をきちんと踏まえて作られているという優れた作品でもあります。
しかし,いかんせん,登場人物が多すぎて,なかなか筋が頭に入ってこないことや,読むうえで,困難を感じてしまい,十分に楽しんで読めないこと,シリーズの最後としての大団円も十分用意されていないことなどから,あっけない幕切れになってしまっていることが,惜しい気がする作品でした。


不名誉なキスは恋の罠 [エリザベス・ソーントン]

SHALOCKMEMO384
ラズベリーブックス ソ01-02/07.07/\910/509p
不名誉なキスは恋の罠 The Bachelor Trap 2006」
エリザベス・ソーントン Elizabeth Thornton 細田利江子





SHALOCKMEMO371 「恋の罠に落ちた伯爵」でジャックの友人として顔を出したブランドと,マリオン・デーンのロマンス。庶子であることをバネにして努力の結果成功を収め,議員選挙に挑戦するヒーローと,両親が本当は結婚していないと婚約者に婚約を解消されたため,出自を信じられないヒロイン。キーワードは血の純血であるものの,ナポレオン戦争後のミステリー色の濃厚なサスペンス・ロマンス。

続きを読む


恋の罠に落ちた伯爵 [エリザベス・ソーントン]

SHAROCKMEMO371
恋の罠に落ちた伯爵 The Marriage Trap 2005」 エリザベス・ソーントン Elizabeth Thornton 細田利江子





貴族の血を引くものの,牧師の娘エリーは,弟のロビーの学費をまかなうためシャペロンを勤めている。しかしエリーには普通の淑女にはない特技があった。それはカード賭博では絶対に負けないこと,しかも引け際を知って,自分をコントロールできることだった。
ローリー卿ジャック・リグはある日パリで「オーロラ」という奔放な女と出会う。そのオーロラこそエリーの隠れた姿だった。
エリーや周辺の人々に次々に不思議なことがおこり,ローリー卿はその謎をおっていく内,エリーの隠された姿を引き出し,エリーの愛も手に入れていく。
ワーテルロー後のパリとロンドンを舞台にしたヒストリカル・サスペンス。

エリザベス・ソーントン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。