So-net無料ブログ作成
リアン・バンクス ブログトップ

迷子の花嫁 [リアン・バンクス]

SHALOCKMEMO1346
迷子の花嫁 The Five-Minute Bride
(プリンセスをつかまえて 1) 1997」
リアン・バンクス 鈴木リコ





 原題は「5分間の花嫁」
 ヒロイン:エミリー・セント・クレア(25歳)/令嬢,慈善事業家,美術修士/シミ一つない透き通るような肌,ばら色の頬,かすかに開いた唇,ブロンドの巻き毛,青い瞳/
 ヒーロー:ボウ・ラムジー(歳)/保安官/長身,黒く豊かな髪,黒い眉,茶色の瞳/
 98年のディザイアがKINDLE版になっていましたので,購入しました。「ルールは不要」シリーズの前のシリーズということで,作者初期の作品といって良いのでしょう。3部作のこのシリーズは幼なじみのエミリー,マディー,ジェナ・ジーンの3人がヒロインとなり,それぞれが愛をつかみ取るまでのロマンスです。
 シリーズ1作目の本作は良家の令嬢エミリー・セントクレアがヒロインです。舞台はノースカロライナ州ラクストンという小さな町。待ちの保安官ボウ・ラムジーは3人の姉にしょっちゅう身を固めるように圧迫を受けているのですが,気軽な独身生活を諦めるつもりはありません。そんなボウのもとに飛び込んできたのは高価なウエディングドレスを身にまとって結婚式から逃れてきたエミリーでした。良家の令嬢にふさわしく母や義理の父のいうことをひたすら聴いてきた良い子だったエミリーはどうしても愛してもいない親の決めた男性との結婚に踏み切れずに,結婚式をドタキャンして逃げてきたのでした。このエミリーの存在が町の男性たちに大きなざわめきをもたらすことになります。町のダイナーで働き始めたエミリーを見ようと男性客たちが押しかける中,町の平和を守る立場のボウは次第にエミリーに惹かれていきます。大学でコンピュータを副専攻にしていたエミリーは郡の申し出を受けて昼間は保安官事務所でデータ整理やコンピューの扱いの指導をし,夜はウエイトレスと忙しい日々を過ごしますが,そんなとき親友のマディーとジェナが訪ねてきます。そしてボウとの関係を見事に見抜いてエミリーをけしかけ去って行くのでした。果たして結婚式をドタキャンして1カ月ほどで他の男性に惹かれて良いものだろうか。必至にボウへの思いを自分に否定しようとするエミリー。450人もの招待客を裏切って結婚式をドタキャンした自分を母親は決して許してくれないだろう。今さら家に戻ることもできない。しかし,ボウとの間の温度は急激に高まり,二人はついに愛を交わします。これまで独身主義を貫いてきたボウもまた,自分に何も要求しようとしない,無私の愛を捧げてくれたエミリーに気持ちが高まるばかりです。そしてついにボウはエミリーにプロポーズするのでした。
 良家の令嬢として育ち,親のいうままに暮らしてきたエミリーが自分の生き方と生きがいを見直し,ボウへの愛をベースにして自己実現していくまでを描いた成長譚です。爽やかで思わず微笑んでしまうエミリーとボウのやりとりでほっこりあったかい読後感をもたらす良著です。シーズン第2作目は,御転婆娘マディーがヒロインです。


タグ:ディザイア

愛のマナーを教えて [リアン・バンクス]

SHALOCKMEMO1345
愛のマナーを教えて Tall, Dark and Royal
( 愛と裏切りのコネリー家 1 ) 2002」
リアン・バンクス 速水えり





 原題は「長身,浅黒そして王室の」
 ヒロイン:エリン・ローレンス(22歳)/アルタリア王室礼儀作法講師兼御用係/アルタリア国外務大臣の娘/ブロンド,ブルーの目,形の良い脚と良いスタイル/
 ヒーロー:ダニエル・コネリー(34歳)/アルタリア国王位継承者/コネリー社マーケティング担当副社長/コネリー家長男/長身,グリーンの目,焦げ茶色の眉/
 「フィアンセに片想い(SHALOCKMEMO1342)」から読み始めてしまった「愛と裏切りのコネリー家」シリーズ。紙本とKINDLEで織り交ぜて全巻そろえました。やはり第1巻を読んでみないとシリーズの設定が分からないと思いKINDLEのない本作を紙本で購入してみると,なんと,コネリー家の家系図があるではありませんか。これさえあったら第8巻の理解もずいぶん違っていたでしょうに・・・。KINDLE版にも是非これを付けるべきです。
 さて,全12巻に及ぶ大シリーズの幕開けですので,ちょっと長くなるのですが,アルタリア国の王家の系統をなぞってみましょう。勿論家系図があれば一目瞭然ではあるのですが,この図を著作権の関係でそのままウェブには載せられませんので,文字化せざるを得ないのが残念ですが,アルタリアの先代国王トマス・ローズメアとルーシンダ王妃の間には長女エマ王女とマーク皇太子の2人の子供がありました。マーク皇太子はエマ王妃の実弟で,ソニア・アントン嬢との間にキャサリン王女がいます。しかし本作の時点でトマス国王とマーク皇太子が海難事故で亡くなっています。そのため王位はエマ王女が嫁いだグラント・コネリー家の長男ダニエル・コネリーのところに転げ込んでいくことになります。アルタリアの法律では男子のみが王位を継げるからです。さて,エマ王女の嫁ぎ先のコネリー家はシカゴでトバイアス・コネリーとリリー夫妻によって大企業化していました。トバイアス,リリー夫妻は存命中です。夫妻の子供グラントがエマ王女と結婚し,なんと五男三女の8人の子供たちがいます。グラントを長男に,次男レイフ,長女アレクサンドラ,三男ジャスティン,四男ブレット,五男ドルー,次女タラと三女マギー,さらにグラントの先妻ハンナ・バーネットとの間には双子のダグラス・バーネットとチャンス・バーネットの男子二人,さらに結婚に至らなかったアンジー・ドナヒューとの間に婚外子のセス・コネリーがいます。ダニエルの世代でいえばエマとの間の8人のこの他に3人の男子,そしてエマの弟である皇太子マークの娘のキャサリンと,合計12人の子供たちがいることになるのです。この12人が毎号のヒーロー,ヒロインを務めていくことになります。8人の子供を産み育てたことでも分かるように王女エマは母性にあふれ,しかも王女然とした気品と知性に満ちた女性です。本作プロローグでは,エマ王女が34歳になるグラントに国王になり,住み慣れたシカゴの地を離れ,仕事も捨て,本来であれば背負わなくてもいい王としての責任と国の運営とを背負っていかなければならなくなったことに配慮する言葉をかけているのですが,グラントはどうも今の仕事だけでは物足りなさを感じており,国王としての立場に挑戦したいという意欲に満ちあふれていることがうかがえます。さてアメリカという王室のない国で育ったグラントのために,作法や国情の指南役としてアルタリアの外務大臣の娘エリン・ローレンスがダニエルの元にやって来ます。作法の先生ということできっと年配の婦人がやって来るものと期待せずに会ってみると,なんと22歳のうら若き美女。しかし幼少からスイスの寄宿学校,いわゆる全寮制のお嬢様学校でしっかり礼儀作法を身に付けた生真面目な女性です。そしてエリンは父の外務大臣からあるミッションを託されてシカゴにやって来たのです。コネリー家のフレンドリーで大家族な中に放り込まれたエリンは,一人っ子で速く母を亡くし寄宿学校で育った自分とダニエルとを比して,その違いに感動しながらも,父からのミッション,つまりダニエルが父たちの傀儡として,何も影響力のない国王になる人物かどうか見極め,できれば王位に就くのをあきらめるよう働きかけること,というミッションを重荷に感じてしまいます。ダニエルであれば国と国民のために良い国王になれるだろうとすぐに見抜いたからです。父とダニエルとの間で悩むエリン。そして自分が仕える王としてよりも,次第に男性としてのダニエルに惹かれ始め,そのことにも悩むエリンでした。二人がシカゴの町に出かけたとき,突然周囲を振るわせる大きな音がして目の前のガラスが割れ,とっさにエリンをかばって身をかがめたダニエルの耳元を銃弾がかすめます。2発の銃弾が二人を襲ったのです。そして秘密裏にアルタリアの国情と国王と皇太子の死について調査を依頼していたダニエルの元に,二人の死は事故死ではないかもしれないという知らせが届きます。銃撃事件を捜査するためにシカゴ警察刑事とFBI特別捜査官が任命されたことも知るのでした。
 王室への到着を早め,警備員を引き連れてアルタリアについたダニエル一行。侍従を始め意に沿わない態度の使用人を取り替える程度で王宮での生活はエリンの指南の元に始められますが,来客を送り出したついでにエリンを捜していると,エリンの父の外務大臣とエリンの会話が耳に入ってきました。外務大臣がエリンに託したミッションの内容を聞いてしまったダニエルは,エリンに裏切られた気持ちをもち,顔を合わせようとしなくなります。しかし,ダニエルの誤解を解こうとエリンは積極的に身の回りの世話をして,ついにその信頼を再び勝ち取るのでした。女性ばかりの寄宿学校でほとんどの時を過ごし,男性との付き合いの経験のほとんどなかったエリンに取ってみれば,ダニエルは本当の意味で初めて出会う男性でした。しかも自分が仕える国王という究極の上司。そんなダニエルに男性としての魅力と気持ちを抱くことが果たして許されるのか・・・。王妃候補としたやって来た首相の娘に嫉妬したり,ダニエルに裏切り者と言われることに恥ずかしさと腹立たしさを感じたり,そしてなによりダニエルの元に寄り添っていたいという恋心との間で苦しむエリンですが,そんなエリンの心を知ってか知らずか,ダニエルもまたこの国で本当に信頼できるのはエリンしかいないことに気付いていくのでした。二人のロマンスは終盤の僅かなスペースしか描かれていませんが,表紙のイメージを見る限り,セクシーでダニエルに対する絶対的な想いをあふれんばかりに表しているエリンの表情が,気持ちの強さを表していると思います。シリーズ全体を通して二人は何度も登場してくるでしょうから,さすがリアン・バンクスのHQの限られたスペースの中での効率的に精一杯,ロマンスを描いたものだとその手腕に脱帽です。


タグ:ディザイア

異国の王女とは知らずに [リアン・バンクス]

SHALOCKMEMO738
異国の王女とは知らずに Royal Holiday Baby 2010」
リアン・バンクス 高山 恵





シャンテイン国王室デブロー家のロマンス。長女ヴァレンティナ(ティナ)とアメリカ人牧場主ザッカリー(ザック)・ローガンの結婚に至る次第を物語った作品。パリでの一夜で妊娠したティナをザックがアメリカの牧場に一気に連れ去るなどスケールの大きな動きと,かつて妻と娘を一気に亡くしてしまい,なかなか結婚に踏み切ることの出来ないザックの心情の繊細な部分とがうまく調和した作品になっている。のちに皇太子妃になるイブやその伯母で家事の天才ヒルディが登場する。次女のエリカが冒頭と最終部分で登場するなど,まだまだこのシリーズでヒロインを務める人物が多くなりそうだ。母親の早世で王女としての務めを一人で背負ってきたティナが,アメリカに残るか,シャンテインに帰るか判断できず,とりあえず子供が生まれるまでは,と帰国を保留するが,すでに翻訳が済んでいる作品で,結論がどうなるかは示されている。問題は亡き妻と娘の最悪の記憶からザックがティナとの結婚に踏み切れるかというところにかかっていた。ティナ自身はその事を知ってから,ザックに無理強いは出来ないけれど,本音としてはどうしてもザックを諦めきれないという想いをヒルディに打ち明け,そのアドバイスを得ながらザックに少しずつ心を開いていくように仕向けようとする。最大の山場は,皇太子ステファンが牧場を訪れ,ザックと対決するところ。兄と恋人の対決を和解させていくのは,イブの存在。この結末は「王子の秘密の恋人」に詳しい。ザックの弟ダニエルと隣人クロエとのロマンスもいずれシリーズの中に入ってくるのかもしれない。


王子の秘密の恋人 [リアン・バンクス]

SHALOCKMEMO737
王子の秘密の恋人 The Prince's Texas Bride 2011」
リアン・バンクス 八坂よしみ





シャンテイン国王室を巡るシリーズの第1作。皇太子ステファン・デブローと王室厩舎のマネージャーとしてシャンテインにやってきたテキサス娘,イブ・ジャクソンのロマンス。シリーズの中でも,好きな作品になりました。なにより,イブの独立心旺盛なところ,ブリジット王女を守るため自分を犠牲にしてでも不良少年達に立ち向かい,大怪我を負ってしまう場面,母親のいない皇太子の娘との交流,そして厩舎マネージャーとしてのプロ意識の高さなど,あまり外見を問題にせずとも,イブのすばらしさが十分に伝わってくる作品です。ステファンがイブの働きによって,宮廷の高見から徐々に地上に降りてくるところや,怪我を負ったイブを心配して何日も病室に居続ける点など,ステファン自身の思いやりの深さも十分に描かれ,王室への親しみが国民のイブへの喝采からも伝わってきます。
皇太子とのロマンスが,いずれ,自分が皇太子妃とならなければならないという不安を考える暇もなく,ただひたすら愛のために自分を投げ出す覚悟が背景に隠されていて,奥の深い作品だという感じがします。


プレイボーイとプリンセス [リアン・バンクス]

SHALOCKMEMO736
プレイボーイとプリンセス The Doctor Takes a Princess 2011」
リアン・バンクス 藤倉詩音





シャンテイン国の物語。現在これを出版と逆順で読んでいるので,本作のヒロイン,プリンセス・ブリジッドについてはすでに何度か登場している。兄弟姉妹の中でも中ごろの位置にいるため,あまり期待されずに過ごしてきた。ヒーローはアメリカ人医師ライダー・マッコール。病院の中で研修医たちがその能力を十分に発揮するための研修プログラムの問題に取り組んでいる。しかし最近兄夫婦が突然亡くなり,残された双子の乳児を引き取って暮らし始めたばかりで,医師としての仕事に忙殺される傍ら,双子達の面倒も見なければならない。そんな折,姉の替わりにシャンテイン国の医療を充実させるために,指導医師と研修医をシャンテインに招聘しようとアメリカを訪れていたブリジットとライダーは,二人が乗ったエレベーターが故障で途中で止まってしまい,双子が泣き叫ぶ中,協力し合って危機を乗り切るという出会いをする。その後,ベビーシッターの確保や,双子の世話,研修医の派遣などについて,二人が出会う場面が多くなり,互いの中の美点を認識し合うことになる。王女と医師。互いの仕事の都合や日程がなかなか合わない中,互いに調整して会っているうち、互いを求め合っていることに気づき,深い関係を結んでいく。しかし,医師の派遣がほぼ決まってブリジットがシャンテインに帰らなければならなくなったとき,ライダーはどうしてもブリジットと離れてしまうことに耐えられないことに気づいていく。
本作では後半で次作のヒロインとなるフィリッパ王女も登場し,ヴァレンティナを含めて3人の王女がアメリカでパーティに出席する場面がある。とても華やかな会場で,悩みを抱えながらパーティに出席するブリジットとフィリッパ。印象に残る場面だ。邦題にある「プレイボーイ」はライダーのことを指しているのだろうが,本作を読む限りライダーが華やかな女性遍歴をしてきたという印象はなく,ちょっと的外れな感じが否めなかった。


王女の秘めやかな背徳 [リアン・バンクス]

SHALOCKMEMO731
王女の秘めやかな背徳 The Princess and the Outlaw 2012」
リアン・バンクス 大田 朋子





シャンテイン国を巡るシリーズ。王室の末の妹フィリッパ王女(ピッパ)と王室にとっては仇敵にあたるラフィット一家の息子ニック・ラフィットとのロマンス。親子二代に渡るロマンスの歴史と,互いの家族との関係を描いた秀作。とにかく王室内では目立たない存在であり,本人もそう望んでいたピッパが,兄ステファンとの確執や愛する家族との別離をも覚悟して,自分のあり方と愛する人のために大活躍するハラハラドキドキものでもある。そして,ニックの母アメリの自由奔放で女性らしい愛らしさ,末期癌で死を目前にした女性のたくましい生き方をも本作の最大の魅力の一つ。系譜学者としてのピッパの研究は,のちに王室の人々の病歴と遺伝的な問題点を研究する上での基礎資料ともなる重要な研究になっていきます。
シリーズ全体(シリーズ化はされていないようですが)を読み終えたあたりで,王室の人々の系図も考えてみたいところですが,ニックの方も,兄弟4人がのちに活躍することを想定して本作で登場させているのかもしれないので,見逃せないところです。
ピッパがニックの両親のために,つまりはニックのためになるのですが,王女としての立場を利用して様々な心遣いを見せることで,もちろん皇太子であるステファンの怒りを買うことにはなるのですが,そのステファンをうまくコントロールしているのが妻のイブ。既読の2作品でも,イブが頻繁に登場し,王室内の兄弟姉妹たちのまとめ役として大活躍していますが,本作でも,最後はステファンとイブが無言の了解でピッパとニックのロマンスを認めていくところが感動を誘います。本作はシリーズ中でも最も感動的な一作でしょう。


タグ:ディザイア

ボスが突然、プリンスに [リアン・バンクス]

SHALOCKMEMO726
ボスが突然、プリンスに How to Catch a Prince 2013」
リアン・バンクス 長田乃莉子





シャンテイン王国シリーズ。前読書「家なき王女が見つけた恋」のヒロイン,ココの兄,マックスウェルと会社のアシスタント,ソフィーのロマンス。このシリーズ(シリーズと銘打たれていないが)を日本での出版順の逆に読んでいくということをしている。もちろん1話完結型で,どの順番で読んでもいいようなので可能なのだが,初めての試みになる。
まずは,ソフィー・テイラーのような有能で気配りが効くヒロインに魅力を感じる。建設会社という男社会の中で,技術者であるマックスウェルのアシスタントとして,てきぱきと仕事をこなしていく有能さ。そして上司のマックスウェルが100%の能力を発揮できるよう,あらゆる面でサポートしてことのできる女性。そんなソフィーのロマンスのお相手は,王族だが,庶子であり,シャンテインの義兄義姉妹たちとなかなか打ち解けず,王女たちとソフィーの方が先に仲良くなってしまうという展開も面白い。そして,「ジュ・テーム(シャンテインではフランス語が公用語のようなので)」の一言がないために,妊娠してもマックスウェルの提案を受け入れないソフィーの毅然とした態度には,プライドが感じられ,ますます魅力が増す。マックスの実妹ココの結婚式の場面がでてくるので時期としては,ほぼ重なっているが,ココの性格の良さが,本作でも王女たちの会話や国王ステファンの言葉の中に出てくるので,若干「家なき王女が見つけた恋」より後の時期と考えられる。
ただの便利な存在だったアシスタントのソフィーが,なくてはならない存在だとなかなか気づかないマックスを,ソフィーの同僚テリーや王女たちが,いろいろと後押ししていくのも,なんかほほえましくて,心地よい作品になっている。


家なき王女が見つけた恋 [リアン・バンクス]

SHALOCKMEMO725
家なき王女が見つけた恋 A Home for Nobody's Princess 2012」
リアン・バンクス 藤倉 詩音





ディザイアを読むのは久しぶりです。SHALOCKMEMOによれば,昨年6月以来となるでしょうか。さらに,リアン・バンクスの作品となると2007年1月以来ですので,ほぼ7年ぶりになるわけですね。バンクス作品はどれも期待外れということがないので,本作も読み始めから一気に読み上げました。

さて,ヒロインはテキサスの牧場にベビーシッターに雇われたココ・ジョーダン。父は数年前になくなり,病気療養していた母も最近亡くなってしまい,大学を休学してベンジャミンの牧場で生後五ヶ月のエマのベビーシッターとしてほぼフルタイムで働くことになりました。エマは母親が亡くなってしまい,牧場にやってきたばかり。父親のベンジャミンは赤ん坊にどう接していいか分からない状況です。ココの巧みなシッターぶりでエマとココの間には親密な関係ができあがっていました。ココは何とかベンジャミンとエマが親しみを持てるようにベンジャミンにアドバイスしますが,次第に親子の関係も一歩ずつ向上していました。そんなとき,牧場にココを訪ねて不審な二人の男性が訪れます。母の残した借金を取り立てに来たのではないか,と不安に思ったココは,このことをベンジャミンに相談します。ベンジャミン同席の下でココに告げられたのは,ココは地中海の美しい島国の王家のプリンセスだということでした。情報をかぎつけたパパラッチが次々に牧場の周辺や中に出没し,家の電話は鳴りっぱなし,怪しげな贈り物や手紙が次々に舞い込み,ココや家政婦のサラはそれに追われてしまう有様です。シャンテインの王宮へと招待されたココとベンジャミンはエマを連れて地中海を訪れますが,王家の人々は初めは親切そうに話しかけたものの,現国王が30秒だけ顔を出したあとはすっかりココに対する興味を失ったかのような対応をとります。自分は王室での居場所はないと舞踏会での女性二人の噂話を耳にしたココは思い,テキサスに逃げ帰ります。そして,牧場に戻ったココとエマを再びパパラッチが追いかけるのでした。このままでは牧場の業務に支障を来すと考えたココは,後ろ髪を引かれる思いを振り切って,後任のベビーシッターを見つけ牧場を後にするのでした。ココにすっかり惹かれていたベンジャミンは,ココが去った後仕事も手に着かなくなります。家政婦サラからなぜ追いかけないのかと発破をかけられたベンジャミンは,改めて自分がココを愛していることに気づき,勇気を持ってココに告白するのでした。二人の結婚式が再びシャンテインの宮殿礼拝堂で行われる華やかな幕切れで締めくくられています。

ロイヤルもののおもしろさは,シンデレラものが一番ですね。本作の特徴は,テキサスとヨーロッパの王家という価値感の正反対の人々が全く矛盾なく生き生きと描かれている点だと思います。さすがバンクス。


ボスとの秘密 [リアン・バンクス]

SHALOCKMEMO340
ボスとの秘密 Feet First 2005」
リアン・バンクス 松村和紀子





ベラージオ・シリーズの第1作。ジェニー・プリラマンはシュー・デザイナーのアシスタントにすぎなかったが,直属のボスのサルヴァトーレに代わって自分がいたずらがきした結婚式用の靴のデザインを副社長のマーク・ウォーターソンに渡してしまう。
何度訂正してもマークはジェニーの名前を覚えてくれず自分の昇進などはあり得ないと思っていたジェニーだったが,マークと出張に行くことになってしまう。
二人のおかしな会話や,ジェニーの上昇志向とマークへの思慕など,等身大の若い女性の心情が読者を飽きさせず,爽やかでホット・ウォームな心地にさせてくれる快作。
324ページ一気読みの今月のおすすめ。
なお,このシリーズは,"Underfoot" "Footloose" と続く,翻訳が待たれる。



リアン・バンクス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。