So-net無料ブログ作成
コンテンポラリー ブログトップ
前の10件 | -

純白の誓い [コンテンポラリー]

SHALOCKMEMO667
純白の誓い Vision in White 2009」
ノーラ・ロバーツ 村上 真帆





 ノーラ・ロバーツのブライド・カルテット・シリーズの第1弾です。ブラウン家のパークス(パーカー),写真家のマッケンジー,フラワーアレンジャーのエマリン(エマ),そしてパティシエのローレルの4人は幼い頃から結婚式ごっこをする夢みる少女でしたが,長じてブラウン家を改装した結婚式場,VOWSを開き,それぞれの特技を生かして毎日忙しく暮らしています。4人のロマンスを描いた4部作の第1弾のヒロインは,写真家のマッケンジー(通称マック)です。マックの母親は自分が常に主人公で男性にかまわれていなければ満足できない性格で,結婚と離婚を何度も繰り返しています。そして,マックの生活に突然飛び込んできて,お金を要求するような母親らしいことは全くしない女性ですが,そんな母親でもマックは愛を感じ,結局は母親の要求に従ってしまうのですが,仲間の3人は,母親の要求を断れないマックにも責任があると言います。
 ヒーローのカーター・マグワイアは,高校の古典の教師。シェイクスピアを4人の女性の出身高校で教えています。自身もその高校の出身で,マックが一時その高校にいたときから,一目惚れしましたが,奥手で慎重なカーターはマックにその思いを伝えることができないうちにマックは転校してしまった過去があります。再びVOWSで再開した二人ですが,二人の間には静かな火花が散るのでした。どちらも引かれる思いを素直に口にできない二人ですが,何かとマックを守ろうとするカーターの行動に,周囲の人々も位置はやく気づき,バックアップします。しかも,ブライド・カルテットの4人は,決してマックに無理強いすることなく,マックの相談に応じることによって気持ちに踏ん切りをつけさせようとしていきます。この4人の友情がマックの気持ちを前向きに向けていくのでしょうか。
 このシリーズの舞台になっているブラウン家の屋敷は,ノーラが経営するホテル「Inn Boonsboro」を参考にしているのではないかと思います。細部にわたる屋敷の様子や位置関係には,何かしらモデルがないと書き切れない部分かと思います。ストーリーテリング中心の作品というよりは,心理描写を積み重ねてプロットをくみ上げていく純文学的手法をも十分い楽しませてくれる傑作シリーズです。


遅れてきた初恋 [コンテンポラリー]

SHALOCKMEMO656
遅れてきた初恋 Too Good To Be True 1991」
ヴィクトリア・グレン 神津ちさと





 考古学専攻の大学院生アシュリは,尊敬する考古学者エドワードとの失恋を癒すため,アリゾナ砂漠の発掘現場からコネティカット州のエルムグローブに帰郷します。家では姉ヘレンと幼馴染のカイルとの婚約パーティが開かれているところでした。姉妹の父チャールズ・ウィンゲートと不動産開発業者カイルの父のジョナス・ハミルトンは古い友人で,共にエルムグローブの旧家。ウィンゲート家とハミルトン家が結ばれることはチャールズとジョナスの長年の夢でした。しかし,婚約しているはずのヘレンとカイルの間にはアシュリが想像していたような親密な愛情が見えません。二人とも愛情よりは家同士の結婚という両家の父親の気持ちを尊重しての便宜的な婚約だったのです。アシュリは失恋したばかりでもあり,美貌で有名な姉と比べて自分が目立たない存在だと思い込んでいます。そんな自分にカイルが関心を寄せるようなそぶりをすることが不思議でなりません。さらには,姉のヘレンは自分の肖像画を描くという若い貧乏画家の元へ何度か通っている雰囲気です。
 そんなとき,アシュリの父が心臓に不調を訴え,倒れてしまいます。姉のヘレンは出かけたきり連絡が取れません。動揺するアシュリを助け,励ましたのはカイルでした。カイルも美しく成長したアシュリに,婚約者のヘレンよりも愛情を感じるようになっていたのでした。遂にヘレンは画家のサイモンと出奔し,病床の父とカイルは驚くべき会話をしたのでした。
 幼いころから姉への劣等感で自分の気持ちを抑えることに慣れていたアシュリが次第にカイルによって素直に愛情を表現しようと変化していく爽やかな成長譚です。


nice!(0)  トラックバック(0) 

蜂蜜より甘く [コンテンポラリー]

SHALOCKMEMO648
蜂蜜より甘く Sawer 2000」
ローリー・フォスター 伊坂 奈々





 ヒロインの名前がハニー。西部では若い女性のことをハニーと呼ぶ癖があることから,ヒロインがソーヤーたちハドソン家の兄弟たちにハニーと呼ばれたとき,「なぜ私の名前を知っているの?」というくだりがあり,そんなことから読者の密かな笑いを誘います。自分の領地に車ごと突っ込んできて,湖に車ごと沈んでしまったヒロインのハニー・マローン。栗のように甘い名前の彼女ですが,どうしてなかなか,大富豪の令嬢であり,しかもプリティで頭の回転が良く気が強い。全くこんな美女が領地の中に突っ込んできたら,男なら誰しも助けたくなるだろうという設定です。しかも,迷い込んだ先は男の園。ハドソン家の男たちは,本編の原題にもなっている長男のソーヤーは,医者,次男のモーガンは保安官,三男のジョーダンは獣医,四男のゲイブは便利屋,そしてソーヤーの長男ケイシーも,父親や叔父たちには子供扱いはされるものの一家の仕事を十分に手伝えるだけの年齢には達しています。そんな男の園に迷い込んだハニーは,誰かに追われている身であり,事故のショックから立ち直らないうちにも,他人を巻き込むことを避けるために,ハドソン家の領地から出ていこうとしています。面倒を見たがるハドソン家の面々と,気遣いから逃げだそうとするハニーとの間に虚々実々のやり取りが展開し,やがてはニーに一目ぼれしたソーヤーの気持ちと,ハドソン家の人々の優しさがしっかり絡み合い,ハニーの追手をおびき寄せることになります。
 ロマサス的要素がちょっと入り込みはしますが,冒険的な部分よりも圧倒的にロマンス度が高いローリー・フォスターらしい小品です。


nice!(0)  トラックバック(0) 

宿命のパートナー [コンテンポラリー]

SHALOCKMEMO643
宿命のパートナー Man of  Ice 1996」
ダイアナ・パーマー  上木さよ子





 原題の{Man of Ice}氷の男の意味がまさか下ネタの方だとは・・・。でもそれも心因性のものであり,さらにその相手が両想いという設定もちょっと無理がありますが,それでも氷の男に憧れるシンデレラガールがバリー・ベルという愛らしい名前。ミニシリーズ第1作の「いくつものジェラシー (Maggie's Dad)」も不治の病を抱えたヒロインと憎み合っていた二人のロマンスという設定ですので,その第2弾も確かに設定としてはスジは通っているように思えます。


nice!(0)  トラックバック(0) 

キスして,王子さま [コンテンポラリー]

SHALOCKMEMO640
キスして,王子さま His Girl Friday 1989」
ダイアナ・パーマー  Diana Palmer  dianapalmer.com 上木さよ子





 ダイアナ・パーマーのスモール・シリーズ「メアリスト姉妹」の第1弾。第2弾の「砂漠よりも熱く」は読了済みです。「砂漠・・・」に登場するジェニファーとハンターは,本書でもたくさん登場しますし,本書での謎が「砂漠・・・」で解決することになりますので,まさに姉妹編といっても過言ではありません。

 さて,ヒロインのダネッタ・メアリストは油田精製に必要な部品を製作する会社の社長秘書をしていますが,ボスのゲイブ・リターとクリスマスのヤドリギの下での口づけ以来,ゲイブを意識するようになります。しかし,古風な道徳観をもつダネッタは,純潔を守ったままでいます。一方ゲイブは生みの母を粗末に扱ったと考えて継母のシンシアと父親のユージンを許せないでいます。結婚などは願い下げ,いずれ女は・・・とプレイボーイの浮名を流しつつ結婚には見向きもしません。さらには,ダネッタの家には生後三か月のイグアナ「ノーマン」がダネッタを守っています。そんな二人の中を急速に近づけることになるのは,なにげなくダネッタが口にした「地図」という言葉でした。そのため,ダネッタのアパートは荒らされ,ゲイブは心配のあまりゲイブの実家へダネッタを連れていき週末を過ごすことになります。このとき二人の間の関係が急速に進展するばかりではなく,ゲイブと父親・継母・義弟の関係も微妙に変化することになります。

イグアナのノーマン(名無し)がときどき重要な場面で登場し,ユニークな人間との関係をつくっていきます。ノーマンなしでは本書は成立しなかったでしょう。


nice!(0)  トラックバック(0) 

期限つきの結婚 [コンテンポラリー]

SHALOCKMEMO638
期限つきの結婚 The Temporary Groom 1996」
ジョーン・ジョンストン  Joan Johnston  joanjohnston.com 星 真由美





 18歳の不良少女が双子の母親に?アメリカでも,子供が子供の面倒を見るようなこんな設定には誰しも首をかしげるところでしょう。しかも,双子の父親のやもめは,双子の祖母から双子を引き取るということで裁判の裁定を待っているところですし,双子の母親の交通事故死に関わっているのではないかと疑いの目を向けられており,さらには,酒場でのけんかで数回留置場にも入っている人物で。来週には家政婦兼子守の女性もやめていってしまうという究極の困難に陥っている状況です。ところが,ボーイフレンドのレイから,危うくレイプされかけていたところを双子の父親ビリー・ストーンクリークに救われたチェリー・ホワイトローも,パーティでパンチにウィスキーを入れようとしたと疑われて校長から退学を言い渡されたばかり。二人ともにっちもさっちも行かなくなったところで,解決策は,二人が結婚して双子の面倒を見ること,という結論に達するとは・・・。
 双子の長女レジーンは,名前のとおり「女王さま」で片割れのアニーに命じてばかりで,アニーも仕方なくついていくものの,次第に後妻になったチェリーに愛情を感じ始めるのはもっぱらアニーの方。チェリーも養女としてホワイトロー家にやってきて多くの兄弟姉妹関係の中でもまれながらも,養父母には全幅の信頼を素直に表現できない弱みをもち,すぐ上の姉を頼ったりはしますが,次第に双子と夫のビリー,そして周囲の人々に愛情を注ぎ,家族としての絆を強めようと懸命の努力をします。
 はじめは期限つきの,契約結婚だった二人の愛は次第に実態をもち,そして強い絆へと変化していきます。愛は与えられるものではなく築き上げていくものだということと,少女の成長を描いたビルドゥングス・ロマンの好著です。


nice!(0)  トラックバック(0) 

砂漠よりも熱く [コンテンポラリー]

SHALOCKMEMO636
砂漠よりも熱く Hunter 1990」
ダイアナ・パーマー  Diana Palmer  dianapalmer.com 上木さよ子





 昨年秋以来のダイアナ・パーマーの読了です。毎月更新しているつもりでも,なかなか全部に目を通すことができないことが,こういう多作家の場合は特に目立ちますね。
 さて,物語ですが,地質調査員,つまり石油や鉱石などの地層を調べ,新しい埋蔵場所を発見するプロの技術員として優秀な働きをしているジェニファー・メアリストがヒロインです。メアリスト姉妹・シリーズの第2弾,前作は「キスして,王子さま(HQB-369)」です。
 本作の特徴はなんといっても,ヒーローのハンターがネイティブ・アメリカン,しかもアパッチ族の男性と白人女性とハーフだというところでしょう。舞台になるのもこのネイティブ・アメリカンの特別保護区と隣接する砂漠であり,ヒーローのハンターは生い立ちの中で母親に捨てられたために白人女性との結婚にかなりの抵抗感があり,ヒロイン・ジェニファーを愛してしまってはいけないと何度も自分に言い聞かせて苦しむ,という葛藤が物語の中心にもなっています。ハンター自身,アパッチとしての誇りと,白人とのハーフであることから,どちらの世界にも本当の自分の居場所を見つけられないでいるという思いも抱えています。それだけに,プロの保安責任者として優秀で信頼されているわけですが,ヒロインを思う気持ちから,ミスをしてしまい,後悔して,さらに自らをヒロインから遠ざけてしまうというストーリー展開にもなるわけです。
 一方のジェニファーについても,地質調査員という男の社会の中でなかなか自分の存在を認めてもらえないという気持ちを常にもち,外見の美しさや知性の豊かさをもちながらも男を寄せ付けないという面があることに悩んでいます。そんな二人の出会いは,常に互いを非難する言葉の応酬になってしまうのですが,もっぱらヒロイン側がハンターへの想いの強さを抑えきれなくなるという展開が通常のロマンス小説とは逆の立場になっていることで,ダイアナ・パーマーらしく,理想の男を描き切る作風が見事に結実した作品として,座布団2枚という感じの作品に仕上がっています。


nice!(0)  トラックバック(0) 

聖なる森の捜索者 [コンテンポラリー]

SHALOCKMEMO614
聖なる森の捜索者 上 The Search 2010」
ノーラ・ロバーツ  Nora Roberts  noraroberts.com 野川聡子





扶桑社のノーラ・ロバーツの翻訳も80冊を超えてきた。著者の精力的な作品作りにも頭が下がるものの,長編を生み出す技能と情熱にも怖れすら感じるような気がする。



本作品では,ヒーロー,ヒロインの他に,素晴らしいワンちゃんたちが登場するので,犬好きの人には堪えられない楽しさがあるのではないでしょうか。
もっぱらヒロインの魅力からすると,若いころに殺人鬼に標的にされ,危うく殺されかけ,しかもその危機を逃れた数ヵ月後に恋人の警官を殺されてしまうという悲劇から8年。すっかり立ち直り自分の生活を犬の訓練士として確立し,行方不明者の捜索のチームを組んで実際に数々の成果を上げているというスーパーウーマンです。しかし塀の中にいるはずの殺人鬼を模倣した犯罪が最近起こり始め,過去の恐怖にとらわれていきますが,自分ではそれを認めようとはしません。
ワシントン州の沿岸の島が舞台です。ワシントン州はアメリカ最北西部のカナダ国境に面したところ。シアトルが最大の都市ですが,マリナーズにはイチローが活躍している町ですね。よく雨が多いことで知られているシアトルですが,雨も本作品では結構重要な役割を持っていると思います。

続きを読む


コルドバの花嫁 [コンテンポラリー]

SHALOCKMEMO609
コルドバの花嫁 Arranged Marriage 」
ブリタニー・ヤング  Brittany Young 吉野ひとみ





初恋のあこがれが本物の恋に発展し・・・
しかし,その道程はすんなりというわけにはいかない・・・
なぜなら,長い期間互いに想っている感情は別々になっていくから・・・
そして,二人が互いを想う感情に気付いたとき,その感情はそれまでの期間に等比級数的に膨れている。



そんな物語です。
スペインのマドリード,コルドバなど異国情緒たっぷり,さらにヒーローの職業は元マタドールで今でも月に1回程度は闘牛場に登場する現役で,その尊大さやカッコよさはマタドールそのもの。
ヒロインは小学校教師で親同士が本人たちがまだ物心つく前に婚約を交わしていた,と考えられるぎりぎりのところの設定ですが,違和感なしに読めるのは,そんなこともあろうかと想像もできる範囲だからでしょう。ヒロイン,アナリサ・デュラントに闘牛のことを教える少年や,ヒーロー,ラファエルの父ホセ・サンティアゴのヒロインに向けられる優しい視線など,心温まる場面が随所に登場する良作です。


魔性の女がほほえむとき [コンテンポラリー]

SHALOCKMEMO606
魔性の女がほほえむとき Killjoy 2002」
ジュリー・ガーウッド  Julie Garwood  juliegarwood.com 鈴木美朋





ブキャナン家シリーズの第3弾になりますが,前作「標的のミシェル」と姉妹編といっていい内容です。前作がどうも中途半端な終わり方をしたので,「あれっ」という感じを持った方も多いのではないでしょうか。本書はその続編とも言えるものですが,独立のストーリーとしても十分楽しめます。そして,さらに本書のタイトルにもなっている「魔性の女」のその後も気になるところですので,ガーウッドはさらに次なる1作を狙っているのかもしれません。



さて,前作で仏頂面で,とっつきにくく,けんかっ早いと表現されていたミシェルの兄ジョン・ポールですが,宿敵モンクを追いかけて本書では堂々と主役を張ります。今回モンクも,殺人マシーンとしての役割ばかりでなく,ちょっと人間味のある人物として描かれています。それは,なによりもジリーという魔性の女に恋をして,いつも完璧を求めている自分の殺人スタイルを貫きつつも,ついついジリーの言いなりになって次善の策に嵌っていってしまう哀れな男をも演じているからです。そして化け物のような魔性の女ジリー,とその娘でヒロインのエイヴリー,ジリーの妹でエイヴリーの叔母キャリー,ジリーとキャリーの母のローラなど,ヒロインの一家が抱える様々な,そしてすさまじいまでの家族の愛憎が大きなテーマとなって本書の柱となっています。
ヒロインのエイヴリーは,美人でスタイルがよく,犯罪アナリスト研修員としてFBIでも手柄を立てる才媛でもあり,コンピュータも得意ということなしのヒロインですが,例にもれず家族に問題を抱え,さらに銃で撃たれて子宮をなくしているという,女性としての悩みも抱えています。そこにモンクを追ってきたジョン・ポールと偶然の出会いがあり,いつしか二人は互いに経緯を抱き,ついにはロマンスに発展します。



あとは,サスペンスを味わうだけですが,さらに,ヒーローとヒロインがモンクとジリーに追われ,二度も崖からダイビングして命からがら逃げ出す様子や,エイヴリーの叔母キャリーたち女性3人がジリーとモンクの仕掛けた罠にはまり,家の周囲全部に爆弾の仕掛けられた人里離れた山中の別荘から逃げだそうと懸命に知恵を絞り合う様子など,アドヴェンチャーにも富み,そして,本作にも登場するノア・クレイボーンのとぼけた感じ,などなど読みごたえのある部分はたくさんあります。
原題の「Killjoy」は「興ざめな人」というような意味ですが「Kill-Joy」つまり「殺しを楽しむ」という意味にも掛けているのでしょうか。


前の10件 | - コンテンポラリー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。