So-net無料ブログ作成

天使を抱いたシンデレラ [キャット・シールド]

SHALOCKMEMO1464
天使を抱いたシンデレラ Secret Child, Royal Scandal
( Sherdana Royals 3 ) 2016」
キャット・シールド 結城みちる





 原題は「秘密の子供と王室の醜聞」
 ヒロイン:ノエル・デュポン(27歳?)/ウエディングドレス・デザイナー/つややかなダークブラウンの髪,小柄でスレンダー,薄茶色の目(虹彩は緑色をおびている)/
 ヒーロー:クリスティアン・アレッサンドロ(30歳)/シェルダーナ大公国の第三王子/金色の目/
 訳者結城みちるさんの初仕事。ここまでシェルダーナ大公国の後継者を巡る問題も第1作「プリンスの望まれぬ花嫁(SHALOCKMEMO1332)」「王家の花嫁の条件(SHALOCKMEMO1415)」と続き,いよいよ三つ子の最後クリスティアンの物語となるわけですが,長男ガブリエルの妻オリヴィア,次男ニックの妻ブルックいずれも苦労の末愛を育んでいきます。妹アリアナもいますが,これは続編が書かれるのでしょうか。また大公位を継ぐのは誰になるのでしょうか。そんな期待を持ちながらじっくりと本作を読みました。
 5年前に事故で右半身に負った火傷の跡が肩や首,頬に残っているクリスティアン。ニックとブルックの結婚式で,花嫁のそばに付き添っている小柄でスレンダーな女性,ノエル・デュポンは高名なウエディングドレス・デザイナーです。彼女は長男の嫁オリヴィアのドレスデザインにも関わっていたのですが,クリスティアンとノエルはかつて関係を持ったことがあるのでした。5年前。シェルダーナに生まれデザイナーになるためにパリに渡り,高名なデザイナーについて学び,それからたった2年で頭角を現してイタリアの王子のウエディングドレスのデザインを手がけ一躍有名になっていたのです。それからは,各界の有名人のドレスデザインを手がけ,今では世界中の女性がノエルのドレスを求めるようになっています。「ノエル・デュポン。アレッサンドロ大公家で最も気まぐれな王子の心をなだめることができた唯一の女性」と評されているノエルは大きな秘密を抱えています。「末っ子のクリスティアンは甘やかされて育ち,その愚行はタブロイド紙を度々賑わせている。」つまり三つ子の中で最もスキャンダラスな王子というわけです。5年前浅はかな行動のせいで事故に巻き込まれ体と心に傷を負い,30歳の今,国のために後継者を作らなければならないという立場に立たされているのです。アレッサンドロ大公家が大公位を維持し続けるには,三人の王子の中で誰かが男子をもうける必要があります。妻の条件はヨーロッパの貴族階級出身かシェルダーナ国籍の女性ちいうものです。クリスティアンの母はヨーロッパの貴族階級の中から長いお妃候補のリストを作っていると妹のアリアナに脅かされ,「自分の妻を探すのに誰の助けも要らないよ」と言い返しはしますが,二人の兄たちが次々と王位を放棄し愛する相手を選んでしまった今,自分に期待が一身に集まっていることも十分承知しています。さらに5年ぶりに出会ったノエルは,よそよそしい振る舞いでクリスティアンをいらだたせています。「わたしはあなたにとって都合のいい女だったのよ。付き合っていた2年間など何の意味もなかったかのように突然」捨てられたと非難され,クリスティアンは友情から始まった二人の関係を,そして信頼できるノエルを,率直さと穏やかな優しさを併せ持つノエルに癒やしと慰めを求めたくなるのでした。「きみが必要なんだ」と打ち明けるクリスティアンに「もう,昔のわたしとは違うのよ」とクリスティアンの前を去って行くノエル。ノエルの秘密とは,クリスティアンとの間の息子マークの存在でした。母親と同居して息子の世話を頼み,仕事に打ち込んできたこの数年,クリスティアンにはいずれ分かってしまうと怖れを抱きつつも,マークに父親の存在を問われたときはいないと答えるしかなかったのです。もう少し成長したらその存在をクリスティアンに告げようと思ってはいましたが,5年前に自分は捨てられたという思いが強く,なかなか機会も決心もないままに現在に至ってしまったのでした。深い金色の目は父親そっくり。顔立ちも父親そっくりです。一目でアレッサンドロ家の血を引いていることは明白な息子。クリスティアンに再会して,マーくその存在が知られるのではと落ち着きません。母親からも反抗期を迎えた孫息子に男親の存在が必要なのよと言われてしまいます。結婚式が行われた日の夜の8時35分突然玄関ドアをノックする音がし,クリスティアンが訪ねてきます。今息子と母は2階に上がったばかり,なんとか息子が見つかる前に追い出さなくては,と終末のデートを約束して追い払おうとした瞬間,マークが2階から降りてきてしまいます。「殿下,わたしの息子マークです」というと「きみの息子だって?僕たちの息子だろう」とすぐに見抜かれてしまったのです。金色の目とダークブラウンの髪というアレッサンドロ一族の特徴を備えたマークを見てクリスティアンはすぐに気づいたのでした。さらにクリスティアンを見返し「ぼくが追い払ってあげる」と母親をかばうマークの大公然とした行動にクリスティアンはすぐにマークの父親だと打ち明けたくなるのですが,必至にそれを止めようとするノエルの様子に,一時は引きます。マークが二階に引っ込んだ後,二人は話し合いを持たざるを得ませんでした。「ぼくはマークの父親として認められたい」「息子にわたしと同じ苦しみを味わって欲しくないわ」と二人の意見は食い違います。ノエルは5年前自分がクリスティアンに捨てられたことを指し,いずれ息子もわたし同様父親から捨てられるかも知れないという疑いを捨てることはできなかったのです。
 それからは,クリスティアンによるマークとノエルへの働きかけが激しくなります。しかしノエルは5年前と同じようにクリスティアンへの愛を忘れたわけではありません。「あの子はきみだけの子供じゃない。アレッサンドロ家の血を引く者だ。シェルダーナ大公家の血をね。」と,ノエルへのプロポーズをするクリスティアン。しかし,ノエルはこれは便宜的な結婚に過ぎないと思い込んでいます。クリスティアンとマーク,ノエルの三人はそれからなにかと一緒に行動するようになります。そしてニューヨークからの大きな仕事の依頼があり,ノエルはマークを連れてニューヨークに行こうとするのですが,マークがグズグズしている間に,クリスティアンがやって来て一緒に行くと言い出すのです。ノエルが仕事をしている日中はぼくがマークの面倒を見ようと・・・。マークもまた初めはクリスティアンに敵対心を持っていたのに何日も一緒に過ごす内にクリスティアンをプリンス・パパと呼び,幼いながらも王子である自分の父親という存在に折り合いを付けるようになっていたのです。クリスティアンからのプロポーズを断り続けているノエル。その気持ちを大きく変えたのは,あの5年前になぜクリスティアンが自分の前から去ってしまったのかと言うことの本当の理由を知ったときでした。当時クリスティアンの仲間たちが,ノエルに対して良からぬ関心を持ち,それを偶然聞いてしまったクリスティアンは,ノエルの才能を生かしてパリに行くことを勧めることによって難を逃れようとしていたのでした。ニューヨークで昔ノエルの評判を落とす記事を書いた女性記者がノエルの才能はクリスティアンの力があったからこそ認められたに過ぎないと言ってきたことに疑問を感じ,クリスティアンを問い詰めて分かったことでした。ついにノエルはクリスティアンのプロポーズを受け入れます。シリーズ最終作であればエピローグで大団円となるところですが,なにか尻切れトンボのような感が否めません。これはきっと続編が書かれる気配です。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。