So-net無料ブログ作成

アンダルシアの休日 [アン・メイザー]

SHALOCKMEMO1456
アンダルシアの休日 Her Guilty Secret 1999」
アン・メイザー 青山有未




HQB-802
17.05/¥670/208p

HR-113
(地中海の恋人)
06.03/¥966/378p
R-1829
02.12/¥672/156p


 原題は「彼女の罪な秘密」
 ヒロイン:カッサンドラ(ケイト)・スコット(29歳)/ロンドンの書店員/赤みがかった金髪,すらりとした脚,ブルーの瞳/
 ヒーロー:エンリケ・デ・モントーヤ(34歳)/スペインの企業経営後継者/黒髪,黒い瞳/
 今月2017年5月のHQ文庫のラインナップはかなり豪華でした。HQB-800のキャロル・モーティマーを皮切りに,ノーラ・ロバーツ,アン・メイザー,ヴァイオレット・ウィンズピア,ペニー・ジョーダン,ベティ・ニールズとこれだけ大御所が揃うと,どれを読んでもそれなりの作品ですから,逆になかなかイチオシが付けにくい結果になってしまっています。表紙からするとイチオシはペニー・ジョーダンの「ブラックメイル(SHALOCKMEMO1452)」です。さて,本作はアン・メイザーの1999年の作品。地中海の恋人の関連作です。書店員のカッサンドラ(ケイト)・スコットは,亡夫の兄の突然の訪問を受けます。デ・モントーヤ一族の次期後継者であるエンリケは,「弟があんな悲劇的な死を遂げただけでも,僕が激怒するのは当然だ。あの女がアントニオの名誉も,節操も,未来も,すべてを壊してしまったのだ。もしかしてアントニオは新妻がどんなにふしだらな悪女であるかを知ったために,ハネムーンでイギリス南部に向かう途中事故死したのではないだろうか。」と考えていたのです。10年前スペイン富豪の父のフリオ・デ・モントーヤは次男の反抗も受け入れず,ロンドン留学中の次男がイギリス女性と結婚したいと言ったときどんな犠牲を払ってでも結婚を阻止しようとして,長男のエンリケをロンドンに送り込んだのです。弟に結婚を断念させる唯一の方法は自分が誘惑することだと考えたエンリケ。何も知らずにエンリケに惹かれたケイトとある使命を帯びてやって来たエンリケはあわただしく一夜を過ごし,その後ケイトは弟のアントニオと結婚式を挙げ,初夜を迎えることもなくそのまま事故死してしまったのです。それから10年。ケイトの一人息子デヴィッドを甥だと思い込んでいるエンリケは,自分との共通点に愕然とし,デヴィッドが自分の息子であることを知ります。当時アントニオにはサンチ・デ・ロメロャという婚約者がいたにもかかわらず,その婚約を解消しケイトと式を挙げてしまうのです。その後サンチャは一年後にはスペイン王室の遠縁の男性と結婚し,高齢の夫が亡くなると未亡人としてエンリケに愁波を送り始めたのです。かつてたった一夜を共にしただけのケイトに再開し,弟を死なせた恨みと,それでもケイトに惹かれてしまう自分,そしてデヴィッドという甥の存在と複雑に絡み合う人間関係にエンリケは悩みます。パラシオ(宮殿)と呼ばれるデ・モントーヤ家の住まいに連れてこられたケイトとデヴィッド。デヴィッドがエンリケの子供であることを知られてはならない,これは自分たち親子がこれから暮らしていくための最後の切り札だと考えたケイトですが,「エンリケのキスはカッサンドラの頭の中を空っぽにした。自分でもわけが分からないうちに,心の求めるままに彼を求めていた。」と彼女にとって唯一の男性エンリケへの思慕が10年経っても全く変化していないことに戸惑います。自分のルーツである父方の親戚たちに会うことを楽しみにしていたデヴィッドの喜びぶりをみて,ケイトはデヴィッドをデ・モントーヤ家に預けてイギリスに帰国するのでした。さて二人のその後は・・・。アン・メイザー独特の絡み合った複雑な状況を次第に解きほぐしていくストーリー・テリングの冴えは,本作でも健在です。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。