So-net無料ブログ作成

汚れなきギリシアの愛人 [リン・グレアム]

SHALOCKMEMO1446
汚れなきギリシアの愛人 Bought for the Greek's Revenge 2016」
リン・グレアム 山本みと





 原題は「ギリシア人の復讐のために買われて」
 ヒロイン:プルネラ(エラ)・パーマー(23歳)/動物保護センター「アニマル・コンパニオンズ」職員,獣医志望/小柄,アクアマリンの瞳,睡蓮の花のような柔らかでつややかな唇,火花を放つような赤毛,茶と赤の間の金属色の髪,美しい顔立ち,磁器のような肌/
 ヒーロー:ニコロス・ドラコス(30代)/ホテル経営者/濃い色の肌,黒髪,溶けたカラメル色の瞳,アスリートのような引き締まった体,長い脚/
 エラの婚約者だったポールが亡くなったとき,その叔父サイラス・マクリスがエラの世話をしてくれた。事業に失敗し体調を崩した父を継母は捨てて行ってしまい,実母も他所で自分の生活を送っており,父の面倒を見るのはエラしかいません。そのためサイラスの手を借りてポールを見送ることになったのでした。その際ラスに恨みをもつホテル経営者のニコロス・ドラコスがエラの元を訪れ,父の経営する家具店の経営権を肩代わりしていると言います。そしてその代償として自分の愛人になるよう要求したのでした。身長が低く華奢で十代の少年のようにほっそりした妖精然とした自分が愛人というイメージからは正反対であると一応言い訳はしたものの,ニコロスの言うことを聞く以外今自分にできることはないことはわかっていました。エラは逆に「結婚して」と迫ります。「説明したでしょう。結婚指輪なしでは私を手に入れられないって。私だってあなたと結婚したいわけじゃないのよ。でも,それで家族が満足して心配がなくなるなら,私は家族のためにそうするわ。」と決意を告げるエラ。サイラスへの復讐を誓うニコロスは「なんとしても復讐を果たすべきだし果たすつもりだ。他の人間が巻き込まれようがかまわない。罪悪感を抱くことは許されない。エラは単なる駒なのだ。」そして,ロンドンのニコロスの家で同居することになるのですが・・・。純真な,婚約者がいても純潔なままだったエラはニコロスに惹かれていくことにショックを受けます。ニコロスもまたエラの純真さに感動を覚えます。ニコロスの動機を十分には知らないエラですが,サイラスとは会ってもいけないし,話してもいけないというニコロスの言葉を理解できないでいました。しかしニコロスが出張中やってきたサイラスに部屋で乱暴されそうになって初めてニコロスの言うことの意味を知るのでした。サイラスがポールとエラの面倒を見ることにしたのは,サイラス自身がエラに邪な思いを抱いていたからだったのです。そしてポール亡き後,いよいよこれまでの貸しを取り戻そうとエラに迫ったのでした。折良くニコロスが帰宅して助けてくれなければエラはサイラスによって汚されるところだったのです。自分がニコロスに惹かれていることを確信し,ニコロスがなぜサイラスへの復讐を誓ったかを聞かされ,そしてさらに婚約者だったポールの驚愕の事実をサイラスに聞かされたエラは,ニコロスもまた自分を求めていることを知り,「私も彼を受け入れよう」と,しかし「完璧さや永遠の愛を期待するつもりはない」と悲しい決意をするのでした。さて二人のすれ違った愛は実るのでしょうか。
 運命によって出会った二人が過去を乗り越えて愛を見出すまでを描いた,リン・グレアムらしいラブロマンスです。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。