So-net無料ブログ作成

すり替わった恋人 [ヘレン・ブルックス]

SHALOCKMEMO1442
すり替わった恋人 Deceitful Lover
( Mediterranean Passions 1 ) 1992」
ヘレン・ブルックス 平江まゆみ




HQB-796
17.04/¥670/200p

B-379
99.04/¥536/186p
R-1095
94.07/¥640/156p


 原題は「偽りの恋人」
 ヒロイン:リア・クィントン(21歳)/モデル・エージェンシーの社長のアシスタント/シルバーブロンドの髪,グレーの瞳,豊かに盛り上がった胸,細い腰,すらりと伸びた脚,落ち着きのある美しさ/
 ヒーロー:デミトリオス・クウツウピス(?歳)/実業家/冷たいブルーの瞳/
 従姉妹ポピーとリアは性格の正反対な美女です。派手で社交好き,そして歯に衣着せぬ言い方をするポピーに対して,リアは控えめで常に周りの人たちへの配慮を欠かさない優しい性格。ポピーがいないとき二人の住むアパートに冷たいブルーの瞳の男性が押しかけてきます。そしてリアをポピーと勘違いして自分の家に連れ去るのでした。この男性デミトリオスは甥のニコスを実の弟のように可愛がっていました。と同時にニコスの母親で自分の姉のクリスチナが病気がちで心配だったため,ポピーがニコスと交際し,その財産をねらっていると考えて,人物考査のために連れて行こうとしていたのでした。ニコスとポピーの交際を知り,ポピーが行方をくらましたことを知っていたリアは,デミトリオスの言い分に従い,ついて行かざるを得なくなります。自分がポピーと勘違いされていることを知りながら・・・。リアは七歳の時に両親と弟を交通事故で亡くし,ポピーの父親にポピーと一緒に育てられたのです。もっとも叔父のジョンは二人の子供たちにはあまり関わろうとせず,リアとポピーは互いに頼り合える存在となったのでした。銀髪の孤児と赤毛の御転婆娘。長じて二人は美貌の従姉妹同士となり,ポピーとニコスは恋人同士になったのですが・・・。全く風貌の異なる自分をポピーと勘違いしたということは,デミトリオスはポピーに出会ったことがないのだろうとリアは考え,取りあえず勘違いを質さずにいることにしました。
 「(甥の)相手が商売女かどうか見抜ける程度の人生経験は積んでいる」という冷徹な言葉ですが,「君は絶対に違う」「不思議な人だな。これもゲームのうちかい?そのうぶな仕草は,男を惹きつけるための計算なのかな?」といいつつ情熱的なキスを受けて,リアは次第にデミトリオスに惹かれていきます。デミトリオスの姉でニコスの母親のクリスチナはリアとすぐに意気投合しますが,デミトリオスにポピーと入れ替わったことを知られないように質問をはぐらかさなければなりません。結構ヒヤヒヤものの時間を過ごしますが,かつて9カ月間ほどモデルとして働き,水着やカクテルドレス姿で撮影にのぞまなければならないことに嫌気がさし,アシスタントに転身したのでした。モデルの時の男性たちの目に浮かぶむき出しの欲望は耐えがたかったのです。そのためうぶなままこの年まで生きてきたことをデミトリオスに見抜かれて,ポピーとは別人であると気づかれてしまいます。「もっともらしく人を批判するその態度,ぞっとするわ。少なくともニコスは愛情を感じることができるだけあなたよりましね」とつい言葉を荒げてしまったリアはすぐに後悔するのですが,そんなリアにクリスチナは「弟のことで迷惑をかけているんでしょう」と優しい言葉をかけてくれるのでした。クウツウピス姉弟は「母はデミトリオスを生んだときに亡くなったわ。当時わたしは二十歳で結婚したばかりだった。直に父が乗馬事故で亡くなったこともあって私たち夫婦は9カ月だったデミトリオスを引き取ったの。デミトリオスが15歳のときにニコスが生まれたの。母には妹がいてデミトリオスと同い年だったの。そのいとこがデミトリオスと意気投合してね。彼女はイギリスに婚約者がいるんだと言ったわ。デミトリオスはひと夏の遊び相手に過ぎなかったのよ。」と姉夫婦はデミトリオスの親代わりだったこれまでの状況を打ち明けてくれます。従姉妹の女性に裏切られたデミトリオスはその後女性に対して厳しい目を持つようになったのだとリアは理解しました。同時に,その女性に嫉妬を感じてしまうリアでした。デミトリオスはかつて本当に愛した女性キャロラインを亡くしています。しかもキャロラインはリアと似ているというのです。「デミトリオスは初めて会った瞬間から,昔の恨みをわたしにぶつけていたのね。」とデミトリオスの不幸な過去を思いやるのでした。「彼に対するこの思いは愛なの?愛ってこんなに苦しく絶望的なものなの?」
 想像していたポピーと全く異なるリアに「僕は過去の経験から偏見を抱いていたのかも知れない」と打ち明けるデミトリオスですが,やがてニコスとポピーが二人で帰宅します。リアに惹かれながらも,近づいてはいけないと自分をなだめて,欲望と立場の板挟みに苦しむデミトリオスの態度はリアにとっては熱くなったり冷たくなったりする理解を超えたものでした。ついにポピーとニコスの結婚を認めざるを得なくなったデミトリオスは,クリスチナの願いを聞き入れ,結婚式までの準備のためにリアにそのまま留まるように要請します。そして商用でアメリカに向かう直前に親戚の女性クリスティがやって来ます。ことあるごとにリアに意地悪を仕掛けるクリスティ。ポピーは負けずに言い返すのですが,リアは次第に耐えがたくなってきます。そしてデミトリオスの出張中にクリスティはデミトリオスと婚約しており,ニコスたちの結婚式で正式に発表するつもりだと囁くのでした。もうここにはいられないとリアは結婚式の前に帰る決意をするのですが・・・。
 純真で美しく心の優しいリアがまさにNiceHeroineとして大活躍する秀作です。オススメの作品。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。