So-net無料ブログ作成

ナニーは逃げだした花嫁 [マリーン・ラブレース]

SHALOCKMEMO1427
ナニーは逃げだした花嫁 Third Time's the Bride !
( Three Coins in a Fountain 4 ) 2016」
マリーン・ラブレース 仁嶋いずる





 原題は「三度目の結婚」
 ヒロイン:ドーン・マギル(?歳)/グラフィック・デザイナー/茶色の髪,赤毛,栗色の髪,天使のような緑色の目,悪戯っぽい笑顔を持つ小さなエネルギーのかたまり,なまめかしい曲線美,ボストン大学でグラフィック・アートの学位を取得,副専攻は広告,ジョージタウン大学で総合デザインメディアの修士号を取得,自然食品会社のグラフィック・デザイナー/
 ヒーロー:ブライアン・エリス(?歳)/「エリス航空システムズ」CEO/身長180センチ超,茶色の髪,吸い込まれそうに青い目,5年前に妻キャロラインをガンで亡くす/
 「トレビの誓い」として99年にラブ・ストリームで三ヶ月連続刊行されたシリーズの関連作のようですが,本作だけ2016年の原作刊行,しかもラブストリーム(本国ではアメリカン・ロマンス)ではなく(すでにシリーズはなくなっていますから),スペシャルエディションをディザイアでという状況です。どの程度関連性があるのかは内容を見てみないと分からないので,そこは後日ということで・・・。とにかく久しぶりのマリーン・ラブレースの作品です。
 ヒロインのドーン・マギルは教会の祭壇に向かう直前で逃げだした花嫁経験者で,しかも二度も!。婚約不履行者常習者ということでしばかれても不思議ではないのですが,この当たりの事情はさておき,ヒーローのブライアンは,とにかく息子を面倒見てくれるナニーが早急に必要でした。やってきたのは,「茶色の髪に天使のような青い目をし,悪戯っぽい笑顔を持つ小さなエネルギーのかたまり」という若い女性でした。名前は夜明けという意味のドーン。まさにきらきらした女性なのです。その明るさに息子のトーマス(トミー)もすっかり気に入ってしまいます。ドーンと友人たち,ケイトとキャリーは何でも話し合い相談し会える親友。ドーンはかつて2度婚約し,2度とも式の前に逃げだしています。さて,トミーの父親ブライアン・エリスは航空会社を自力で興し,ケイトの夫トラヴィスとともにNATOの基地で極秘のプロジェクトに参加していました。ローマのトレビの泉に願い事をしにやってきた3人の女性たちのうち,ブロンドのケイト,ブルネットのキャリー,そして赤い髪のドーンと多彩な登場人物がドーンを中心にさまざまなところで絡み合って楽しい物語が展開していきます。「ブロンドは奔放でブルネットは誠実,そして赤毛のことは誰にも分からない」という例えを絵に描いたような3人です。両親の不仲と離婚,そして2度の婚約破棄と容易には男性を信用しないドーンですが,トミーとその父親ブライアンには,すぐに親しみを感じてしまいます。ドーンの3人の兄たちも,またドーンが不幸になるのではと心配していますが,グラフィックデザイナーとして働くドーンは仕事さえしていれば勤務場所を問いません。そのためナニーとしてブライアンの家で暮らしてもトミーが学校に行っている間は仕事ができるのでした。ケイトは世界銀行の管理職,キャリーはマサチューセッツ州の児童保護局の勤務。それぞれバリバリのキャリアパーソンとして活躍しています。ケイトの夫トラヴィスもアメリカ空軍少佐,イタリアのNATO基地に勤務するカルロ・ディ・ロレンツォ王子とその特別警護班のジョー・ルッソと脇役たちもセレブばかりです。さて二人の生活はトミーを中心に廻っていきますが,隣家のトミーの同級生シンディやその母のカルーサーズ家の人たちも含めて多くの人物が絡んできて,おもちゃ箱をひっくり返したような騒ぎの中でドーンとブライアンの愛は静かに進行していきます。そして3度目の正直と言えるドーンとブライアンの結婚式も警察が絡む一騒動がおこり,全く読者を飽きさせません。舞台もイタリアからアメリカ東部へと転々と移り,作者の得意な軍関係の蘊蓄も時々登場し,とにかく楽しめる作品に仕上がっています。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。