So-net無料ブログ作成

王家の花嫁の条件 [キャット・シールド]

SHALOCKMEMO1415
王家の花嫁の条件 A Royal Baby Surprise
( Sherdana Royals 2 ) 2015」
キャット・シールド 杉本ユミ





 原題は「驚きの王室の赤ちゃん」
 ヒロイン:ブルック・ディヴィス(30歳?)/大学講師,博士号2つ/細い眉,灰緑色の瞳,金色の混じる赤い髪,卵形の顔,透き通るような白い肌,えくぼ,なだらかな頬骨,長く形の良い脚,きめ細やかでなめらかな肌,しなやかな筋肉/
 ヒーロー:ニコラス(ニック)・アレッサンドロ(32歳)/科学者,シェルダーナの王子(三つ子の次男)/長身,広くたくましい肩,引き締まった腰,彫りの深い顔と金色がかった茶色の瞳/
 ヒロインの姓がDavisをなぜディヴィスと訳したのでしょうか。通常ならデイヴィス?訳者が杉本ユミさんですから訳者が間違えたとは思えませんし,あくまで編集部の意図があったとしか思えませんからね。
 「僕が設計したシステムのせいで人が死んだ」ロケット発射を成功させることがニックの目標だったのですが,ブルックの兄グレンがゴーサインを出した試験発射の結果は失敗し,一人の犠牲者を出してしまったのです。丁度,ニックの兄ガブリエルが妊娠出来ない妻オリヴィアと結婚し(「プリンスの望まれぬ花嫁(SHALOCKMEMO1332)」),国のために結婚して子供をもうけることが強く求められてしまったこともあり,帰国せざるを得なくなったニックでした。「兄に次ぐ王位継承者として,ニックには国家法に則り,未来の大公の母親となる王妃を娶る責務が生じる」。一カ月後,親友グレンの妹ブルックは,突然アメリカを去ってしまったニックを追って滞在しているギリシアの島にやって来ます。ニックをアメリカに連れ戻すことがねらいでしたが,ブルックにはもう一つニックに会う必要があったのです。それは,ニックの子供がブルックのお腹に育っていたからでした。単なる研究者としかニックを思っていないブルックの誘いを断るため,ニックは自らの身分を明かします。そしてブルックは国法によって未来の王妃にはなれないと説得しようとしますが,ブルックは妊娠のことをニックにすぐに告げることはできないと考えるようになります。つまり二人の関係に未来がないのであれば,ニックに余計な負担をかけないほうがいいだろう,なぜなら自分はニックを深く愛しているから・・・。兄の親友として5年間も慕い続けてきたニックとブルックが関係を持ったのはそんなに多くの機会はなかったものの憧れから愛へと発展してきたブルックの気持ちは今や彼なしでは生きていけないほど,しかもお腹には彼の子供がいる。とにかくニックに会っただけでメロメロになってしまうブルックですが,単なるミーハーな女の子とは違い,ブルックは博士号を二つも持つ才媛です。「彼女がこれほど知的でなければ,どんな美女でも彼は夢中にならなかっただろう。彼女のセクシーさと頭脳にワンツーパンチでノックアウトされたも同然だった。」
 結局ずるずるとニックはブルックを帰国の時にシェルダーナに連れて行くことにします。そして大公や大公妃,皇太子夫妻,そして妹のアリアナ王女にブルックはすっかり気に入られてしまいますが,大公妃はニックが国法による結婚と世継ぎづくりを放棄しないよう釘を刺すことも忘れてはいませんでした。愛すればこそ,このニックの苦しい立場を守られければ,とブルックはアメリカへと旅立つのでした。ところが・・・。ニックが国法による結婚をせずに皇太子と同じようにブルックとの将来を考えるとしたらその条件とは,もう一人の王子で三男のクリスティアンに希望を託すしか方法はないのですが,本作にはクリスティアンはほとんど会話の中に登場するのみで,顔を出さず,次作への期待を込めて終盤を迎えます。
 邦訳版の表紙にはよりくっきりとドレスを押し上げる立派な胸でクリームのようなつややかで見事な赤毛の美女が描かれており,その美しさが見事に描かれています。もう一つ,イタカの島にいたときに,1953年の大地震のことが登場しています。調べてみるとギリシアのこの地震はかなりの規模で多くの犠牲者を出した大地震だったようです。もちろんこの年が自分が生まれた年であり,それを知らなかったのは当然ですが,あまりヨーロッパで地震のことが話題にならないことも大きいでしょう。イタリアのベスビオ火山噴火のように,火山とか地震による被害というのはヨーロッパにもあるんだなということが,改めてわかったことも収穫でした。そして,アメリカでブルックが乗っているのは,なんと「プリウス」だそうです。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。